コンテンツへスキップ

【2021年8月26日最新情報!】-オーストラリアに来れる日も近いです!

こんにちは、Yutaroです。

 

つい数日前ですが、オーストラリア政府からこんなニュースが流れてきました。

オーストラリア外に住んでいるインターナショナルスチューデント(外国人留学生)がオーストラリアに戻ってこれる日が近いというモノです。

僕自身もオーストラリアの大学生ですので、多くの友達がオーストラリアを離れ自国で勉強せざるを得ない状況を知っています。

僕の大学に通っている他の日本人も日本からオンラインでクラスを受けていましたが、ホスピタリティマネジメントの学校の為、実技の授業が受けられず一時的に休学している人もいるくらいです。

なので、この情報は非常に嬉しいです😆

 

色々な情報が出ては変わっていっているので、またすぐに政府から違った報告があるかも知れませんが、今分かっている情報を紹介しますね😁

オーストラリアに戻ってこれる【学生】は下記の条件を満たした場合のみだそうです。

 

 オーストラリアのワクチン接種率70%以上


オーストラリアは世界的に見てワクチン接種が非常に遅い国の1つですが、今急ピッチでワクチンの接種が進められています。

2021年8月28日現在で26.1%のワクチン接種率ですが、2021年の終わりには80%以上の国民が2回目のワクチンも接種していると予想されているので、この点はそこまで重要視しなくてもいいかと思います。

シドニーのロックダウンも9月末まで延長され、ワクチン接種率が70%を超えるまではロックダウンの状態が続くというニュースが出てから、オーストラリアの国民も積極的にワクチン接種を行っているようですね。

 オーストラリアの学校に所属している事


オーストラリアの教育機関から認定されている生徒のみオーストラリアに戻ってこれるチャンスを与えられます。

なので、今時点でオーストラリアの大学や専門学校にオンラインで通っている方は対象になりますね。

これからの渡豪を考えている人も今のうちに学校のエージェントと話をした方がいいと思います。

 

オーストラリア政府は少しでも早く生徒をオーストラリアに戻したいそうです。

と言いますのも、オーストラリアはインターナショナルスチューデントによって経済を支えてもらっているようなモノだからです。

 学校のある州からの承諾と旅行許可が必要


オーストラリアで通う予定(もしくは通っていた)学校がシドニーにある場合はニューサウスウェールズ州(NSW)からの承諾が必要になります。

この承諾を得るためには、自分の学校と連絡を取りInternational Student Arrival Planについて確認をしてください。

その後、オーストラリアの学校で勉強する資格があると認められた場合のみInternational Student Arrival Planが認められます。

 

International Student Arrival Planが認められたらオーストラリア政府からの旅行許可も必要となります。

こちらに関してはオーストラリア政府の方で準備してくれるそうなので、個人で勝手に旅の準備等はしないでください

 有効な学生ビザの所持


オーストラリアに戻ってくるためにはオーストラリアの学生ビザを所持している必要があります。

この学生ビザにはminimum visa validityがありません。

と言う事は、学生ビザが切れかけている人でも入国が可能となるわけです。

もちろん、入国の際にビザが切れていた場合は入国が認められませんし、 オーストラリア政府から学生としての認証されるのもいつになるか分かりません。

なので、早めにビザの取得、もしくは、延長することをお勧めします。

 

今オーストラリアの学生ビザを所得していて、新たなビザを取得したい場合はブリッジビザと言う特別なビザを一時的に取得できる権限があります。

詳しい条件はオーストラリア政府のウェブサイトに書いてありますので目を通してください。

 Australia Travel Declarationのフォームを提出


オーストラリアで住む場所の住所や健康状態の記入をしてオーストラリア政府に提出する必要があります。

こちらはオーストラリアに出発の72時間前までにやる必要があるので、この辺のやり取りは学校とすると思います。

今は関係ないことですね。

記入の際に必要なウェブサイトはこちらです。 https://covid19.homeaffairs.gov.au/australia-travel-declaration

 十分な資金を持っていること


一度でも他のビザでオーストラリアに来たことがある人は分かると思いますが、オーストラリアに来るためにはいくらかの資金があることを提示しなければいけないことがあります。

オーストラリア政府からの資金面でのサポートはありませんので、オーストラリアに到着後に問題なく生活できるくらいの生活費を持っていること、

オーストラリアでの住居先が決まっていることは必須です。

それ以外にも海外の健康保険に加入することなどの条件があります。

 

特に今現在のオーストラリアの景気は良くはなく、NSWとヴィクトリア州でのロックダウンは未だに継続中のため、仕事を探すことも困難だと思います。

もちろん、選ばなければ仕事はいくらでもありますが、それでも今までと比べるとかなり限られているのが現状です。

なので、ある程度、オーストラリアで数カ月は生きていけるお金は持ってきた方が安心ですね。

今のうちにお金を貯めておきましょう。

 

以上が新たに追加された情報になります。

今回のアップデートはオーストラリア政府のウェブサイトから得ましたので、そちらも貼っておきますね。

https://covid19.homeaffairs.gov.au/students

何かまた変更がありましたら、その都度お伝えしたいと思いますが、こちらのウェブサイトにも目を通すようにしといてください。

コメントを残す Leave a comment

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。