コンテンツへスキップ

【英語学習に最適】ベストヒット洋楽60’s・トップ10 

こんにちは、30歳オーストラリア大学生のYutaroです。

 

洋楽を聞いて英語学習をする事はとても楽しく英語に触れる時間を簡単に増やすことが出来るのでおススメです。

洋楽を使った英語学習法の記事はこちらからどうぞ

 

今回は1960年代に大ヒットした60sの洋楽を紹介します。

個人的に年代が古いほど使われている英語表現や単語がシンプルで簡単なモノが多い気がします。

特に60年代の洋楽はほとんどの曲がスローテンポで英語初心者の方でも聞きやすいかと思います!

 

 

Elvis Presley – Can’t Help Falling in Love

 

1曲目は”Can’t Help Falling in Love“で1961年にリリースされたElvis Presleyの大ヒット曲の1つです。

Elvis Presleyと言えば1950年、60年と大活躍したロック歌手で、42歳という若さでこの世を去ってしまいましたが、未だに語り継がれる伝説の歌手の1人です。

 

その当時、人気の絶頂期であったElvis Presleyに恋をしてしまう女性が多かった事から歌詞もそんな女性目線で書かれています。

また1993年にUB40がカバーした事でも有名になり、多くの映画でもサウンドトラックで使われたのでこちらのバージョンを聞いたことのある方のが多いかもしれませんね。

 

聞いてもらえば分かると思いますが、テンポが非常にゆっくりで歌詞を知らなくても聞きやすいかと思います。

 

ただ、歌詞の”Would it be a sin… If I can’t help…“の部分は文法的には間違っているので注意が必要です。

Will it be a sin… If I can’t help“が文法的には正しいです。

ただ、このWould it be a sinは前の歌詞であるShall I stay? に対するモノだとも考えられるのでその場合だと文法的にも間違ってはいません。

 

こういったhe doのような文法の間違いは語呂を合わせるためにワザとやっている場合もありますし、そこまで敏感になる必要性はないです。

ただ、洋楽を使って英語を学ぶ際はこういった小さな文法の間違いがある事は頭に入れておいた方がいいです。

知らないままで間違った使い方はしたくないですもんね。

 

Rhythm of the Rain – The Cascades

 

続いては雨になると無性に聞きたくなるこの名曲”Rhythm of the Rain“です。

 

恋人が去ってしまい、雨の音を聞くたびにそんな恋人を手放してしまった愚かな自分を思い出してしまう男性の心情を書いた歌詞とキャッチーなメロディーで何度も聞けてしまう1963年の大ヒット曲です。

 

特にこの歌詞には英語学習で習う仮定形や完了形がたくさん出てきます。

例えば、”The only girl I care about has gone away”はthe only girl which he cares has gone (have + 過去分詞 ₍go ⇨ gone₎) awayです。

彼がcareしていたthe only girlhas goneしてしまったと彼女がいなくなった事実を完了形で表しています。

ただ単にどこかに行ったという過去系であれば”The girl went somewhere”となります。

 

また文法の間違いが少なく文法の勉強に最適なこの曲でも、”she don’t go“と本来の正しい”she doesn’t go“をワザと変えているのが分かるかと思います。

 

Frankie Valli – Can’t Take My Eyes Off You

 

Can’t Take My Eyes Off You“は1967にリリースされたFrankie Valliの大ヒット曲の1つです。

 

ポエムのような語り掛ける歌詞が魅力的で何度もカバーされてきた名曲なので10代の方でも知っていた人は多いのではないでしょうか。

“You’re just too good to be true”も日本語では表現しづらい英語にしかない愛情の表し方で、海外と日本の表現方法の違いなども歌詞を通して学ぶことが出来るかと思います。

 

Ben E. King – Stand By Me

 

Stand by Me“は同じ名前の大ヒット映画”Stand by Me“のサウンドトラックとしても有名な60年代を代表する名曲の1つです。

 

タイトルの”Stand by Me”は「僕のそばにいて」といった意味があり、人生には辛くて月の明かりだけしか見えない時もあるけど「君がそばにいれば」何も怖いモノなんてないよと前向きな元気を与えてくれる1曲ですね。

 

また、歌詞もとてもシンプルで2分ちょっとの短いスローテンポな歌なので1回歌詞を覚えてしまえばカラオケなどでも歌いやすいかと思います。

歌手の真似をして歌う事で発音が良くなりますし,英語特有のリズムやイントネーションも掴みやすくなりますよ。

 

Let’s Twist Again – Chubby Checker

 

続いてはChubby Checkerが1961年にリリースした大ヒット曲”Let’s Twist Again“です。

 

この曲は僕の大好きな曲です!

誰しもが辛い時や苦しい時などがあると思いますが、この大柄なChubby Checkerがコミカルに歌っている姿を見るといつも元気がでます。

 

時代を象徴する1960年代に流行ったツイストダンスという腰をねじるようなダンスをChubby Checker本人が楽しそうに踊っている所も僕が大好きな理由の1つです。

英語学習とはトピックが変わってしまいますが、辛い時や落ち込んでいる時に見てみてください!

 

Wouldn’t It Be Nice – The Beach Boys

 

Wouldn’t It Be Nice“は1966年リリースされたアメリカンロックバンドThe Beach Boysのヒットアルバム”Pet Sounds” の1曲です。

 

この曲は本気で恋をしている若い男性が「もし~だったら」と年齢の若さからやりたい事が出来ないジレンマを歌にしています。

 

タイトルの”Wouldn’t It Be Nice“は「~だったらいいよね」と仮定の話をしています。

Wouldifで「もし~なら、~なのに」と現実には起きていない、想像の話をする際に良く使われる表現なので必ず覚えておいた方がいいです

歌の始まりである”Wouldn’t it be nice if we were older?”では「もし僕たちがもう少し歳を取っていたら、良かったのにね」と彼らが若すぎる事から結婚がまだ出来ない心境を書いています。

 

この歌の歌詞全てがもし~だったらの理想を描いている歌なのでWould, ifの仮定法を楽しく学ぶには最適の1曲になります。

 

Aretha Franklin – I Say A Little Prayer

 

7曲目は1967年にDionne Warwickによりリリースされた “I Say a Little Prayer“です。

ベトナム戦争に向かう恋人の無事を願う思いを込めてこの’Prayer‘というタイトルが付けられたそうです。

 

翌年にAretha Franklinがカバーしてこちらも大ヒットしました。

僕個人的にはこっちの方が聞きやすくて好きなのでカバーされたバージョンを紹介していますが、オリジナルが聞きたい方はこちらからどうぞ。https://www.youtube.com/watch?v=kafVkPxjLYg

 

Oh, Pretty Woman – Roy Rrbison

 

Oh, Pretty Woman“もしくは”Pretty Woman“はRoy Orbisonによって1964年にリリースされた誰もが知っている名曲ですね。

特に1990年に大ヒットした同名タイトルの映画”Pretty Woman“はこの歌を元に作られ、歌と共に日本でも大ヒットしました。

 

タイトルでもある”Pretty Woman”とはRoy Orbison本人の妻であるClaudetteを指しています。

Royが妻であるClaudetteが買い物行く際に「お金が必要?」と聞いたところ「Pretty womanはお金なんて必要ないのよ」と言い返した事からこの歌が誕生したそうです。

とてもキャッチーで何度も出てくるPretty womanが忘れられなくなりますね。

 

The Beatles – Hey Jude

 

1960年代の洋楽を紹介している記事でThe Beatlesを省くわけにはいきませんね。

9曲目はThe Beatlesで”Hey Jude“です。

 

この曲のタイトルでもあるJudeとはThe BeatlesのメンバーであるJohn Lennonの息子であるJulianを指しています。

この曲がリリースされた1968年にJohn Lennonが離婚を発表しており、同じくThe BeatlesメンバーであるPaul McCartneyがJulianを励ますために書いたそうです。

 

この曲は7分を超える長い曲となっていますが、英語学習に適したレベルの英語表現が使われており、リスニングの勉強にもおススメです。

中学校で習うような簡単な英単語しか使われいていないため、この歌の意味をしっかりと理解できるようになると、普段の英会話もグッと伸びるかと思います。

今までそこまで深く考えたことはなかったですが、「東大生が試験前にビートルズを聞く」の訳が分かった気がします。

 

The Way You Look Tonight – Frank Sinatra

 

最後の1曲はFrank Sinatraが1961年にリリースした”The Way You Look Tonight“です。

この曲は1936年の大ヒットミュージカル映画”Swing Time“で披露された曲の1つで多くの歌手に何十年に渡りカバーされています。

 

僕の大好きな海外ドラマフレンズでも主人公のモニカが1番好きな歌としてエピソードでも何度か出てきたことがあり、この歌の存在を知りました。

フレンズではTony Bennettがカバーした方のThe Way You Look Tonightが使われていますね。

 

テンポもかなりスローで時代を感じれる名曲ですね。

 

まとめ

 

いかがでしたか?

 

僕は邦楽もそうですが洋楽も年代を問わず何でも聞きます。

最初は自分が好きな曲だけを紹介していようと思っていましたが、1960年代のヒット曲で調べると聞いたことのある名曲がドンドン出てきて10曲に絞るのがとても大変でした。

 

Chubby Checkerのように完全に自分の趣味で選んだ曲も多いですが、今回は英語学習に焦点を当てて選んだので英語学習中の方はリラックスしたい時とかに聞いてみるのもアリかと思います。

言語とは時代と共に変化し続けるので”tenderness grows“や”smile so warm“など歌詞がちょっと今は使わないような表現が多いですが、それも英語学習の醍醐味だと思います。

また、10代、20代の方であれば知らなかった洋楽も多かったと思います。

両親やおじいちゃんおばあちゃんの世代が聞いて来た曲を一緒に楽しむ事も大切だと僕は思いますし、喜んで過去の話などをしてくれるかもしれませんよ。

 

 

最後の1曲までご視聴いただきありがとうございました。

今回の記事を通して英語学習と洋楽にもっと興味を持っていただけたら幸いです😆😆😆

 

多くの曲の情報はこちらのSongfactsというサイトから得たモノですので、洋楽の起源などに興味がある方は利用してみてください。

質問等がございましたらコメント、もしくはツイッターで直接メッセージを送ってください! https://twitter.com/eigoaus_yutaro

「【英語学習に最適】ベストヒット洋楽60’s・トップ10 」への2件のフィードバック

  1. なるほど👏私は勉強が好きではないが洋楽がいろんなジャンルも好きです。早速やってみよう🎧

Nene.Z へ返信する コメントをキャンセル

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。