【オーストラリアのおすすめジム5つ】設備から料金まで紹介します!

オーストラリア生活・学生情報

こんにちは、Yutaroです。

 

今回は、オーストラリアのジム事情についての記事となります。

 

オーストラリアは筋トレ大好きジム大国です!本当にスタバに行く感覚でみんなジムに通っているので、23歳の時にオーストラリアにワーホリで来た時に筋トレにドはまりしました。31歳になった今も、週5~7でジムに通っています。

 

なのでこの記事では、オーストラリアでおすすめのジム5つを紹介したいと思います。ワーホリや留学中の方でジムに行こうと考えている方は、参考にしてください!

スポンサーリンク

オーストラリアで人気のジム5店舗

オーストラリアでジムを探しているなら、この5つがおすすめです!

  • EMF Performance & Fitness Centre
  • Anytime Fitness
  • Snap Fitness 24-7
  • World Gym
  • Jetts 

下記では、詳しいジムの設備や料金設定などを紹介していきますね。

EMF Performance & Fitness Centre

EMFは、僕がゴールドコーストに住んでいた時に通っていた24時間利用可能なジムです。

 

ゴールドコーストのみ限定のジムになりますが、ゴールドコースト内に14店舗あるのでゴールドコーストに住んでいる方におすすめのジムです。

フィットネスプログラムが魅力

EMFはジムやサウナの使用のみでなくフィットネスプログラムがあったりと、老若男女問わず人気のフィットネスジムです。特に最新のジム器具やランニングマシンが導入されており、筋トレ歴が浅い人から長い人までおすすめのジムになっています。

 

僕が通っていたジムはショッピングモールの中にあることから、午後の17時を過ぎたあたりから18時までがかなり忙しいです。ほとんどの器具が使用されていることが多いため、この時間帯は避けた方がいいですね。逆に14~16時はスカスカです。

料金は少しだけ高め

値段は場所とコースによって変わりますが、12か月契約でキャンセル費用がかかるコースが週に19.95ドル(1,500円くらい)になります。キャンセル費用が安く、いつでも辞めれるflexibleコースだと21.95ドルと月に800円くらい高くなります。

 

ワーホリで来ていて移動が多い人だとflexibleコースを選ぶことをおすすめしますが、学生の方や移住された方は普通コースの方がお得になりますね。どのコースを選ぶにしても40ドルから80ドルの契約金がかかりますが、日本のジムと比べると大分安いのが分かるかと思います。

 

ゴールドコーストに移動してきた時はジムがたくさんありすぎて選ぶのが大変でしたが、自分の住んでる所から近いという理由からEMFに通っていました。サウナも付いてて器具も揃っていてザ・オーストラリアのジムって感じで良かったです!

Anytime Fitness

続いて紹介するジムは、Anytime Fitness(エニタイムフィットネス)です!

 

Anytimeは、日本でも有名なジムなので説明する必要はないですね。世界各地にテンポがあるのが特徴で、オーストラリアにも500店舗を超えるAnytime Fitnessがあります

 

僕も日本にいた時はエニタイムフィットネスの会員だったので、オーストラリアでもシドニーのAnytime Fitnessに通っていました。

 

Anytime Fitnessは、24時間営業+価格を抑えるためにサウナ等の余計な施設はなく筋トレ器具のみのシンプルなジムになります。

 

もちろん、EMF同様に最新の筋トレマシンやランニングマシンも搭載されています、筋トレに特化しているジムなので、日本では見ないようなゴリゴリマッチョも多いです。日本のエニタイムフィットネスの感覚で来ると圧倒されちゃうかも知れないです。

入会金が少し高いけど料金は格安

費用の方は、入会金とアクセスに必要なカード代で170ドルほどかかりますが、12か月契約で1か月67.95ドル(6000円くらい)と格安です

 

Anytime Fitnessに入会すると、オーストラリアだけでなく全世界のAnytime Fitnessにアクセスが可能になります。なので、日本でエニタイムフィットネスに通っている人は、そのままメンバー会員のままオーストラリアに来ることもできますね。また、オーストラリアを出た後も世界中のAnytime Fitnessに通えるので、特に旅人におすすめのジムとなっています。

 

*メインで行くジムが変わると料金も変わってくるので、そちらはウェブサイトでご確認ください。

Snap Fitness 24-7

続いて紹介するのは、Snap Fitness 24-7です!

名前から想像できると思いますが、こちらも24時間営業のジムとなります。Snap FitnessもAnytimeと同様に全世界にオープンしていて、200を超えるジムがオーストラリア内にあります。エニタイムフィットネス同様、Snap Fitnessのメンバーであれば、どのジムも自由に利用が可能です。

 

今、僕が通っているのがSnap Fitnessです。ブリスベンに店舗がたくさんあるので、仕事場の仲間を会員にして毎週みんなで筋トレに励んでいます(笑)

とにかく安い

Snapは低価格で高クオリティの器具が揃っていて、Anytimeや他のジムと違う点は心拍数を図るモニターを使ってのトレーニングに特化している所です。さらに、Snap会員なら無料でトレーナーからトレーニングを受けることも可能です(1回限りだったと思いますが)。

 

有酸素運動(カーディオ)エリアにはたくさんのカーディオマシンがあり筋トレ器具も充実していますが、他のジムに比べると少し器具が古かったりとマイナス点もいくつかあります。

 

低価格な会費が売りなこともあり、月ごとに契約のflexibleコースであれば週に16ドルほど、1年契約であれば週12.95ドルまで安くなります

 

入会金は変動しますが、59ドルのみです。他のジムと比べると筋トレ器具に物足りなさを感じる人がいると思いますが、必要なものは全部揃っていますし、コストを抑えたい学生さんなんかにおすすめのジムです。

 

ちなみに、ブリスベンはSnap Fintnessで溢れかえっているので、ブリスベンに来られる際は一緒に筋トレしましょうね!

World Gym

続いて紹介するのは、World Gymです!

 

World Gymといえば世界的にも有名なジムなので、筋トレ通な人なら知っている人も多いのではないでしょうか。Gold Gymと同じ設立者であるJoe Goldが設立しました

 

Joe Goldが「世界一のジム」としても知られているGold Gymの権限を売り払った後に、Gold Gymレベルのジム+女性でも気軽に通えるようなジムを作りたく、World Gymができたそうですよ。

ザ・ロックも使用していたジム

映画「ワイルド・スピード」でもお馴染みのザ・ロックも、オーストラリアのゴールドコーストで映画の撮影中に何度もトレーニングしている姿を目撃されたそうです。

 

費用は、18か月の契約で1週間16.99ドル(入会金無料)です!

 

1年間の契約で、1週間17.99ドル+入会費65ドル。自由に辞められるプランで、1週間19.99ドル+入会費65ドル。更に全World Gymへのアクセスを可能にするプランだと、1年間契約で1週間20.95ドル+65ドルの入会費となります。

 

意外と安いですよね!?

 

もちろん、筋トレ器具はおそらくこのリストの中でも1番充実しているので、筋トレ上級者におすすめです。

 

ゴールドコーストのWorld Gymは見学で1度行ったのですが、さすがWorld Gymだけあって器具はかなり充実していました。また、トレーニングしている人のレベルかEMFの人たちとはかけ離れて凄かったので、僕はちょっと尻込みをしてしまいましたね(笑)

 

「大きい人に囲まれてやる気を出したい!」という人は完璧なジムです。

Jetts

最後に紹介するオーストラリアでおすすめのジムは、Jettsです!

 

Jettsはタイやイギリスを含めた各国に280を超える店舗があり、オーストラリア内には180以上も店舗があります

オーストラリアで1番人気のジム!?

オーストラリア内だけで見ると、Anytime FitnessとSnap Fitnessに続いて店舗数の多いジムになりますね。他のジム同様に24時間オープンで、オーストラリアで1番人気のジムと呼び声が高いそうです

 

普通のトレーニングだけでなく、定期的にフィットネスチャレンジや HIITトレーニングのクラスを開催したりと、ジム初心者の人でも楽しめるのがいいですね。

価格を抑えたいならJettsがおすすめ

費用は自由に退会が可能なコースは、1週間に14.95ドルです。友達と一緒だと12.95ドル、なんと1年間契約だと週にたったの12.50ドルです

 

日本円にすると、週に1,000円くらいと格安ですね。入会金に170ドルかかりますが、今回紹介したジムの中では最安値です

ただ、1年コースは全額先払いとなりますので、1年間通える方のみおすすめのジムとなります。ジムに通う自身のない方は「自由に退会が可能なコース」にしておいた方がいいですね。逆に、先に支払って行かざるを得ない状況を作るのもいいかも知れないですが…

スポンサーリンク

ジムの選び方

先ほど、各ジムの特徴や料金設定などを紹介しました。では、どうやってジムを選べばいいのでしょうか?

利便性で選ぶ

僕は過去に、Anytime FitnessとEMFに通っていました。現在は、Snap Fitnessに通っています。

 

僕が上記の3つのジムに行くことを決めた理由は、全て「利便性」です。その時に住んでいた家から近いから決めました。今住んでいる家の近くにWorld Gymがあれば、そこに通っていたと思います。

 

週に5回以上ジムに行くような筋トレが生活の一部になっている人は、利便性で選んだ方がいいです。また、車を持ってない人や筋トレ初心者も、住んでいる家から近いジムを選んだ方がいいですね。

 

家から遠いジムに通っていると雨が降ったり、疲れているとジムに行くのが大変になってしまいます。僕は普段は家と職場から歩いて10分のSnap Fitnessに通っていますが、友達と合トレをする時は自転車で30分離れたジムに行きます。正直言って、仕事終わりや疲れている時は行きたくないです。行きますけどね(笑)

 

先ほども各ジムの紹介をしましたが、Anytime FitnessとSnap Fitness、Jettsはオーストラリアのどこにでもあります。どこも器具のレベルは同じくらいなので、家から1番近いジムに行くのがいいかと思います。

 

ちなみに、Anytime Fitnessはニューサウスウェールズ州に200店舗以上あり、ヴィクトリア州に120店舗以上あるので、シドニーやメルボルンに在住の方はAnytime Fitnessがおすすめです。逆にSnap FitnessとJettsはクイーンズランド州に多いので、ブリスベン在住の方はそちらを選ぶと買い物先でジムに行けたりするのでいいかと思います!

料金で選ぶ

料金は先ほど説明したように、Jettsが1番安いです。しかし、どこも同じくらいなのでそこまで気にしなくていいかなと思います。

 

ワーキングホリデーで来ている方は移動も多いと思うので、JettsかSnapが安くていいかと思います。長い期間同じ場所にいる予定の方は、1年契約などでWorld Gymに行くのもありですね。

入会金で選ぶ

意外と知らない人が多いのですが、ジムの入会には入会金やカード発行費など初期費用がかかります。

 

入会金やカード発行費はその都度変わりますが、僕が調べた情報だとSnapが1場安くて52ドル、AnytimeとJettsが1番高くて170ドルでした。

 

しかし、どのジムも入会金無料やカード発行無料キャンペーンを頻繁に行っているので、キャンペーン中のジムを選ぶのもアリですね。実際に、僕の友達はキャンペーンが始まるまで待ってSnapに最近入会しました。

 

フェイスブックやインスタグラムで良く告知をしているので、チェックしといた方がいいですよ!

設備で選ぶ

設備で選ぶなら、World GymかEMFの二択になります。

 

しかし、2つともシドニーやブリスベンといった都市にはないので、車のある方限定になりますね。

 

他のジムも田舎の方に行くほどに広く、設備も整っていますけど。

スポンサーリンク

まとめ

今回は、オーストラリアで人気のジム5選を紹介しました。

 

今日紹介した以外にも、Plus FitnessやFernwood Fitness、Fitness Firstと、まだまだ紹介しきれない数のジムがオーストラリアにはあります。キリがなくなってしまうので、有名どころのみの紹介とさせていただきました。

 

会費の安さだけで見ればJettsに軍配が上がりますが、入会費やその他の費用などを込みで見るとSnap Fitnessが1番お得になるでしょうか?

 

歴史のあるボディビルのジムでトレーニングするのであればWorld Gymですし、旅行が好きで移動が多い人はAnytime Fitnessですかね。個人的には、Anytime Fitnessが総合的におすすめのジムです!

 

ジムにいくほどではないという方は、近くの公園に行ってみてください。ビックリするくらい充実した筋トレ器具やアスレチックが揃っていますよ!

 

ほとんどのジムが見学可能ですし、無料体験を受け付けているジムが多いです。しっかりと選びたい方は、実際にジムに足を運んでスタッフに聞いてみてください。期間によりますが、3日から8日の無料体験期間を設けているジムが多いです。

 

今回は筋肉をつけたい男性向けのジム紹介となりましたが、もし機会がありましたらヨガやピラティス、ボクササイズなど女性が楽しみながら運動できるフィットネスクラブを紹介したいと思います。

 

質問や感想等ございましたら下のコメント欄、もしくはツイッターまでお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました