コンテンツへスキップ

誰もが知ってるあの名曲もブルーノ・マーズが楽曲提供!?おすすめ人気ヒット曲ランキング一覧

こんにちは、Yutaroです。

 

先日の記事ではブルーノ・マーズ特集・パート1を書きました。

まだ、読んでない方はこちらを先に読んでください!

【音楽界のスーパースター】ブルーノ・マーズの魅力とおすすめヒット曲ランキング一覧

こうやってみると、ブルーノ・マーズが世界1のメロディメーカーと飛ばれる由縁も理解できるのではないでしょうか。

 

ただ、ブルーノ・マーズの凄さはそれだけじゃないんです!

ブルーノ・マーズは、他のアーティストに多くの楽曲を提供していることでも有名なんです。

 

ブルーノ・マーズが歌ってないので、知らない人も多いのではないでしょうか?

この記事では、そんなブルーノ・マーズが楽曲提供したヒット曲一覧を紹介していきます!

 

 

ブルーノ・マーズが他のアーティストのために書き下ろした名曲一覧

これから紹介する洋楽は、誰もが知っているような名曲ばかりです。

 

実は、ブルーノ・マーズが有名になる前は楽曲提供が多く、ブルーノ・マーズ本人が歌う作品はそこまで多くなかったんです。

 

1. Adele – All I Ask

 

1曲目は、AdeleのAll I Askです!

 

厳密に言えば、ブルーノ・マーズとアデルが共同して作った楽曲になります。

 

アデルの歌唱力と言えば、アメリカでも1、2位を争うほどに高いことで有名ですが、ブルーノ・マーズがカバーしたAll I Askもアデル顔負けのパフォーマンスですごいです。

 

そちらの動画も貼っておきますのでAdeleバージョンとBruno Marsバージョンを見比べてみてください。

 

どっちが好きですか?

僕は、ブルーノ・マーズがカバーしたAll I Askの方が聞きごたえがある気がします。

 

2. CeeLo Green – F*CK YOU (FORGET YOU)

 

2曲目はCeeLo GreenのFORGET YOUです!

 

とてもキャッチーなメロディで”FORGET YOU”とノリがいい歌です!

テンションを上げたい時やストレスを発散したい時におすすめの一曲です。

 

本来のタイトルがF*CK YOUと海外では使用禁止用語になるので、FORGET YOUに変えられているバージョンもあります。

ラジオなんかでは、こっちのFORGET YOUバージョンがよく流れています。

 

Graham Nortonのテレビショーでは、なんでCeeLo Greenにこの歌を上げることになったのかについて話しています。

CeeLo Greenと他の曲をレコーディング中に完成しちゃった歌らしいですが、それでこれだけのヒット曲を作っちゃうブルーノ・マーズ凄いですね。

 

こちらも、ブルーノ・マーズが歌っている動画がありましたのでご覧ください。

 

この曲は本当にノリがいい曲で、ブルーノ・マーズにピッタリなので、本人にリリースして欲しかった感は否めませんね。

楽曲提供してなかったら、もっと売れていたと思います。。。

 

3. Flo Rida – Right Round

 

3曲目はFlo RidaのRight Roundです!

 

この歌はThe HangoverやPitch Perfectの映画でも使われている歌なので知らない人は少ないと思いますが、この曲もブルーノ・マーズが作詞作曲に関わっているんですね。

 

普段のノリノリのブルーノ・マーズミュージックとはちょっと違うラップ系の音楽です!

 

残念ながら、ブルーノ・マーズが歌っている映像はなかったです。

 

4. Matisyahu – One Day

4曲目はMatisyahuのOne Dayです!

 

歌詞の”One Day~, One Day~, One Day~”は聞いたことがある人が多いのではないでしょうか?

 

ブルーノ・マーズが多くのアーティストに楽曲を提供していたことは知っていましたが、まさかOne Dayにまで関わっていたとはビックリです。

 

5. Mike Posner – Bow Chicka Wow Wow ft. Lil Wayne

5曲目はMike PosnerとLil WayneでBow Chicka Wow Wowです!

 

タイトルと歌詞にも良く出てくる”Bow chicka wow wow”ですが、アメリカ英語のスラング”Bow chicka bow wow”から由来したモノです。

 

“Bow chicka bow wow”には「夜の営み」的なちょっとエッチな意味があります。

この曲も、”Bow chicka wow wow”の魔法の一曲でどんな子も落とせちゃうなんて内容の歌詞ですね。

 

このゆったりとしたメロディが癖になって、一時期ずっと聞いてました。

 

なんとなくブルーノ・マーズ感がありますね。

僕はチルしたい時やリラックスしたい時に聞きます。

 

6. The Vamps – Can We Dance

6曲目はThe VampsでCan We Danceです!

 

The Vampsと言えば、イギリスの大人気アイドルバンドOne Directionと比べられるほどの人気バンドです。

 

ワンダイレクションの解散もあり、ここ最近はボーイズグループはちょっと人気が低迷している感はありますがまだまだ人気です!

 

この曲は彼らのデビュー曲でもあるので、ある意味ブルーノ・マーズが名前を広めたと言っても過言ではないですね。

Can We Danceをきっかけに一気に人気が出ました。

 

ノリが良く、テンションを上げたい時におすすめの一曲です。

 

7. K’NAAN – Wavin’ Flag

7曲目はK’NAANのWavin’Flagです!

 

この曲は2010年のワールドカップで使われたので、メロディー自体は聞いたことがある方が多いと思います。

 

この歌の作詞作曲の欄には、Peter Gene Hernandezとブルーノマーズの本名が使われているので、まだブルーノマーズに改名前の楽曲ということになりますね。

4歳から作詞作曲を始めたブルーノ・マーズ、流石です。。

 

8. Justin Bieber – Love Me

8曲目はJustin BieberのLove Meです!

 

まだ幼いジャスティン・ビーバーにも、ブルーノ・マーズが関わっていました。

 

この辺のヒップホップ感溢れる曲調は、ブルーノ・マーズらしさがあって好きです。

 

9. Major Lazer – Bubble Butt ft. Bruno Mars, 2 Chainz, Tyga, Mystic

最後の1曲は、Major Lazer, Bruno Mars, 2 Chainz, Tyga, MysticでBubble Buttです!

 

この曲もサビの”Bubble butt, bubble, bubble, bubble butt”の部分を聞いたことのある人は多いと思います。

 

僕はこの歌は知っていましたが、ミュージックビデオは今回初めて見ました。

 

なんか、凄いミュージックビデオですね。

ずー--と見てられます(笑)

 

まとめ

いかがでしたか?

 

今回は、ブルーノ・マーズが提供した9曲を紹介しました。

抜群の歌唱力とパフォーマンスを持つブルーノ・マーズ以外の人が歌っても、これだけのヒット曲を生み出せるんです。

ブルーノ・マーズ凄すぎですね。

 

実際にはもっともっとたくさんありますが、前回みたいに20曲以上も紹介していてはキリがないので、誰もが知ってそうな9曲を厳選しました。

 

この記事を通して、ブルーノ・マーズの魅力や凄さが伝われば僕は幸せです!

さらに、ブルーノ・マーズを通して洋楽を好きになってくれたら最高です!

さらにさらに、洋楽を通して英語を好きになってくれたら僕は最高に幸せです!

 

僕が、洋楽を使った英語学習をおすすめする理由は、下記の記事でガッツリ解説しています。

➡ 【英語学習は「継続」が1番大切!】洋楽が英語上達に最適の理由を徹底解説

 

質問や感想等ございましたら下のコメント欄、もしくはツイッターまでお願いします。

コメントを残す Leave a comment

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。