【耳に残って離れない】キャッチ-な洋楽特集(有名どころ10曲)

おススメの洋画・海外ドラマ・洋楽

こんにちは、Yutaroです。

何だか一度聞いただけなのに頭から離れない曲ってありませんか?

 

今回の記事では、そんな頭から離れないキャッチーな洋楽を紹介していきます。Spotifyのプレイリストに追加してリピートしまくってください!

スポンサーリンク

頭から離れないキャッチーな洋楽

キャッチーとは「Catchy(記憶に残りやすい・忘れることのできない)」といった意味があり、”Catchy songs”で「覚えやすい歌」となります。

 

キャッチーな洋楽は頭から離れないメロディが魅力的で、歌詞を覚えやすく歌いやすいため英語学習をしている方には特におすすめなんです!

Unagiブログは英語学習系ブログなので、英語上達に効果があるものは何でも紹介しています。

 

キャッチーな洋楽はシンプルで聞きやすい曲ばかりなのでヒット曲が多いですが、ちょっとアホっぽい曲も多いので「Annoyingly catchy songs(うざいけど聞いてしまう曲たち)」として紹介されることも多いんですよね(笑)

好きなのに好きと正直に言えないやつだと思ってます。僕はキャッチーソング大好きです!

 

では、英語学習にもおすすめなキャッチーな洋楽トップ10です!

Meghan Trainor – All About That Bass

まずは、メーガン・トレイナー(Meghan Trainor)の『All About That Bass』です。

 

この曲は2014年にリリースされ、海外で大ヒットとなったとてもキャッチーな名曲です。

日本でも流行ったのではないでしょうか?

 

メーガン・トレイナーの出す曲は全部キャッチーなメロディーが魅力的で一度聞くと忘れられなくなりますね。

アメリカのきゃりーぱみゅぱみゅ感がありますが、彼女の歌唱力はすごいです。

 

また、2022年の終わりに彼女らしいキャッチーな名曲がリリースされました!

TikTokでも流行っているので、聞いたことのある人も多いかと思います。

ここ数年はヒット曲に恵まれなかったので、TikTokで大ヒットして嬉しいとインタビューで本人も答えていました。

Beyonce – Single Ladies (Put a Ring on It)

続いては、知らない人はいないと思います!

ビヨンセの『Single Ladies』です。

 

この歌はビヨンセが独身の女性に向けた曲で「Oh oh ohh, oh oh ohh ♪」のパートが頭から離れません。

 

ビヨンセ独特のダンスも耳に残るキャッチーなメロディーと重なって、一時期このミュージックビデオをずーと見てたことがあります。

One Direction – What Makes You Beautiful

続いてのキャッチーな洋楽は、ワン・ダイレクション(One Direction)から『What Makes You Beautiful』です。

ワン・ダイレクションなしで僕の英語学習は語れません。

 

実際にセブ留学中からこの歌とBruno Marsの『When I Was Your Man』を聞きまくって、英語を好きになったんです。今こうしてオーストラリアでホテルマンをやっているのもワンダイレクションのおかげと言っても過言ではないですね。

 

やっぱり爽やかなイケメンがこうも集まるといくらでも見てられます!

残念ながらワン・ダイレクションは解散してしまいましたが、この名曲以外にも多くのキャッチーな大ヒット曲を生み出しました。そちらもチェックしてみてください!

Sean Kingston – Beautiful Girls

続いては、ショーン・キングストン(Sean Kingston)から『Beautiful Girls』です!

この曲は、僕がカラオケで必ず歌う十八番です。

 

とてもキャッチーなメロディーとノリのいい歌詞が好きで、オーストラリアでカラオケ大会があった時は常にこの曲で先陣を切って歌っていました。

 

特に女性陣が周りに居る時は、絶対に盛り上がること間違いなしです。カラオケで実際に歌うことで正しい発音が身につき、スピーキング力アップの効果もありますよ。

George Ezra – Shotgun

続いてはジョージ・エズラ(George Ezra)の『Shotgun』です!

この歌は、僕がフィリピンのセブで働いてる時にハマってた曲で、何度も何度も聞いてましたね。

 

一度聞くとずーーーと聞いてられる、また聞きたくなる中毒性のあるキャッチーなメロディが最高です!

また歌詞も簡単で覚えやすいので、洋楽を使って勉強される方におススメの1曲です!

Anne-Marie – 2002

続いては、アン・マリー(Anne-Marie)の『2002』です!

 

この曲は2002にフラッシュバックして、若いころのAnneと当時の彼氏との甘い思い出を歌にしています。

エド・シーランと協同して作られた歌としても有名で、1度聞くとキャッチーなメロディが頭の中でずっと流れてます。

 

ちなみに、この歌のタイトルが2002ということで

Britney Spears – Baby One More
TimeNelly – Ride wit Me
Britney Spears – Oops!… I Did It Again
Jay-Z – 99 Problems
NSYNC – Bye Bye Bye
Dr. Dre – The Next Episode

以上の2002に大ヒットした曲のタイトルが歌詞の中で使われています。

 

粋ですね~。こういうの好きです。

『2002』に関する詳しい内容はこちらからです。

https://www.songmeaningsandfacts.com/2002-by-anne-marie/

Jessie J – Price Tag ft. B.o.B

7曲目はジェシー・J(Jesie J)の『Price Tag』です!

 

この曲は、人間の価値が富や名声、成功ではないと訴えています。

肌の色やどれだけお金を持っているかで人は価値観を見いだしがちですが、人としての価値が誰かに勝ったり劣ることはあり得ません。

 

この歌はとてもキャッチーですが、歌詞に注目すると今の差別社会の問題を指していて色々と考えられますね。

Bruno Mars – The Lazy Song

続いてはブルーノ・マーズの『The Lazy Song』です!

 

キャッチーな洋楽特集でBruno Marsの曲を入れない訳にはいきません!

この曲は僕が3曲目に覚えた曲なので、色々と思い入れがある1曲です。ブルーノ・マーズを聞いたことのない方は、『The Lazy Song』から始めてみましょう!

 

ブルーノ・マーズが好きすぎて、彼に関する記事を2つも書いています!そちらも合わせてお読みください。

DJ Khaled – I’m The One ft. Justin Bieber, Quavo, Chance the Rapper, Lil Wayne

続いては、ジャスティン・ビーバーとDJキャレド(DJ Khaled)、その他ラッパー達で『I`m The One』です。

 

DJキャレドは世界的に有名なDJで、『I’m The One』では「DJ Khaled!」と叫ぶだけで何億と稼いでいます。

ジャスティン・ビーバーやLil Wayneの大物との共演で知っている人も多いかと思いますが、一度聞くと忘れられないキャッチーなメロディです。

Katy Perry – California Gurls ft. Snoop Dogg

最後の一曲はケイティ・ペリー(Katy Perry)から『California Gurls』です!

彼女を忘れずにキャッチーソングランキングを終わらせるわけにはいきませんね。

 

ケイティ・ペリーは最近あまりヒット曲に恵まれていませんが、2000年台で最も売れた歌手の1人です。

彼女のヒット曲はすべてめちゃくちゃキャッチーです。ケイティ・ペリーだけで「キャッチーな洋楽ベスト10」を作れるくらいヒット曲が多いので、そちらも聞いてみてくださいね。

スポンサーリンク

まとめ

今回は「一度聞いたら癖になるキャッチーな洋楽10選」を紹介しました。

今回紹介した以外にも数え切れないくらいあるので、第2弾をやるのも近いと思います!

 

質問や感想等ございましたら下のコメント欄、もしくはツイッターまでお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました