【洋楽を使った英語学習におすすめ】チルしたい時に聞きたい洋楽トップ10

おススメの洋画・海外ドラマ・洋楽

こんにちは、Yutaroです。

以前のブログで「洋楽を使った英語学習法」を紹介しました。洋楽を使った勉強法は楽しく英語学習を続けられるため、常に僕がおすすめしています。

 

7年を超える英語学習の旅の中で色んな洋楽を聞いてきたので、このブログ記事では僕の好きな洋楽を紹介していきたいと思います。僕の好きな洋楽、第1弾は「チルな洋楽」です!

チルな洋楽で英語学習もチルに学んでいきましょう~。

スポンサーリンク

英語学習におすすめなチルな洋楽

基本的にチルな洋楽はゆっくりとしたスローテンポな曲が多いので、英語学習に最適なんです。

 

ただ単にリラックスしたい時に聞いてもいいし、リスニングの勉強にもおすすめなので是非今回のリストをSpotifyに追加してください!

Poefu – death bed (coffee for your head)

1曲目に紹介するチルな洋楽は、Poefuの『death bed』です!

 

この歌は、この世に時間があまりない若い男性が彼女に残した少し悲しいストーリーの歌です。

自分の時間が少ないことを悟った彼が結婚を約束した彼女に送った歌で、歌のタイトルである”Death Bed”は「最後の場所(棺桶)」という意味があります。

 

最初のイントロでは本来向かうべき場所に行けないことに困惑し、「寝てた方がいいかな?」「それかコーヒーでも飲む?」と彼女が彼に聞いている所から始まります。

 

皮肉なことにこの歌は彼自身のために作った歌ではなく、この歌の歌手であるPowfuが実際にこの世を去った彼女に送った歌だそうです。

歌詞の内容は少し悲しいですが、歌のリズムが好きで*チラックスしたい時におすすめの曲です。*チラックスとは、チルとリラックスを掛け合わせた造語です。

Pink Sweat$ – At My Worst

チルな洋楽2曲目はPink Sweat$の『At My Worst』です。

この歌は”「At My Worst(自分が最も最悪な時)」でも誰かを愛している。そんな自分も愛してねという”Love Love Love”な歌です。

 

完璧な人間なんてこの世にはいません。誰でもUp and Downがあるのは生きていれば普通のことですね。この歌ではそんな心情を歌っています。

 

僕は、とても聞き心地の良いチルなメロディーが大好きです。

また、歌詞も比較的に簡単な英単語で構築されていますし、曲のテンポもスローなのでカラオケとかでも歌いやすいですね。英語学習におすすめの1曲です!

Pink Sweat$ – Honesty

またまた、Pink Sweat$からチルな名曲です。『Honesty』は、Pink Sweat$のシングル1曲でこの時から彼の魅力が全開です。

 

彼の曲はここで紹介している曲以外も全部チルなメロディーが多く、英語学習の目的以外でも「受験勉強」や「仕事で集中したい人」におすすめです。

 

この歌も”Love Love Love”な歌ですね。彼は見た目はコワモテの黒人ですが、甘い高音が魅力的です。

Justin Bieber – Peaches

もはや知らない人を探す方が難しい、全世界で大人気のJustin Bieberからチルな1曲で『Peaches』です!

 

13歳という若さでYouTubeから人気を博し、16歳の時にリリースした『Baby』はアメリカだけでなく日本でも大ヒットしました。

その後、無免許運転などで逮捕されたりと荒れた時期を過ごしましたが、2015年にリリースされた『What Do You Mean?』や『Sorry』、『Love Yourself』など、出す曲すべてが大ヒットするヒットメーカーとして知られるようになりましたね。

 

彼の曲はほとんどチルな曲が多いですが、僕個人的にこの『Peaches』は少し抜けた感じが好きです。ただ、歌詞の内容の薄さから英語学習にはちょっと向いてないと思うので、チルしたい時にどうぞ。

Selena Gomes – Back To You

続いては、Justin Bieberの元カノでも有名なSelena Gomezから『Back To You』です。

世界1の美女とも評されることが多く、アメリカのSelena Gomez、イギリスのEmma Watsonと比較されるほど大人気の歌手(女優)です。日本だと石原さとみですかね?

 

この歌は彼氏に何度も裏切られ失恋しながらも、彼のことをいつまでも好きで「Back To You(彼のもとに戻る)」という内容です。

この歌はSelenaがJustin Bieberと何度も破局と復縁を繰り返していたことから、Justin Bieberに向けての歌ではないかとも言われていますね。

 

チルなメロディーと独特なPVが好きで、このミュージックビデオも良く見ます。Selena Gomezの曲はストーリー性のあるモノが多いので、英文法の勉強や英単語を覚えるのに最適ですよ。特に女性の英語学習者におすすめの1曲です。

Jeremy Zucker – comethru

続いて紹介するチルな洋楽はJeremy Zuckerの『comethru』です。

この洋楽は、普段のストレス社会ですり減っている人に向けた「チルしよう」というザ・チルな洋楽になりますね。

 

特にこのコロナ渦で仕事を失ったり、大切な人となかなか会えなかったりと大変な時期を過ごしている人も多いと思いと思います。でも、この歌のようにリラックスすることも大事ですね。

気を抜いて行きましょ~。

Bruno Mars, Anderson .Paak, Silk Sonic – Leave the Door Open

続いてのチルな洋楽は、Bruno Marsが、約2年ぶりにリリースした『Leave the Door Open』です。

70年台ミュージックを思い出させるチルなメロディが最高ですね!

What you doin’?

Where you at?

Oh, you got plans?

Don’t say that

と、抜け~たチルな感じがたまらないですね。

 

Bruno Marsは世界でも1,2位を争うほどの売り上げを出すヒットメーカーとして知られ、Adeleなど他の有名なアーティストに歌を提供したりと歌と踊り以外にも音楽センス抜群の「音楽の神」と言っても過言ではない存在です。

 

ブルーノ・マーズ特集を特集した記事は下記の記事からどうぞ!

Lauv – Paris in the Rain

8曲目のチルな洋楽は、Lauvの『Paris in the Rain』です!

この曲は、歌手のLauvが好きな『Midnight in Paris』という映画をモチーフに作詞作曲したそうです。

 

『Paris in the Rain』はポップソングとジャズの良さがちょうどよく混ざった曲調が特徴的で、聞いていてチラックスできます。

実際にパリで収録されたミュージックビデオも魅力的で、ゆっくりしたいときにおすすめの1曲にです。

James Arthur – Say You Won’t Let Go

続いてのチルな洋楽は、James Arthurの『Say You Won’t Let Go』です。

James Arthurは今では大人気の歌手の1人となりましたが、もともとはイギリスの有名オーディション番組の『The X Factor』出身って知ってましたか?

 

彼の『The X Factor』でのパフォーマンスは今でも語り継げられるほどに迫力のあるもので、もし機会があったらそちらもYouTubeで観てほしいです。「James Arthur The X Factor」と検索すればYouTubeで出てきます。(リンク貼っておきました)

 

この歌は、彼の最愛の恋人に送った歌で「お互いが年を取って、白髪になっても君を話さないよ」と言うとてもロマンティックな歌です。この歌の歌詞からたくさんの英語を学ぶこともできるので英語学習にも最適の1曲です。

 

例えば、”I’ll wake you up with some breakfast in bed”は「ベッドに朝食を持っていき、起こしてあげる」といった日本語訳があったり、”I’ll bring you coffee with a kiss on your head”で「コーヒーを持ってきて、君のおでこにキスするよ」など、日本語訳がなかなか難しいアメリカ文化にしかない表現を学んだりすることができますね。

 

チルなメロディー+情熱的な歌い方が魅力のJames Arthurは、英語学習におすすめのイギリス人歌手です。

Ed Sheeran – Bad Habits

最後に紹介するチルな洋楽は、Ed Sheeranの『Bad Habits』です!

 

Ed Sheeranは、Bruno Marsに並んで音楽センス抜群のイギリス出身の歌手です。

Bruno Marsのように踊ることはできませんが、『Thinking Out Loud』ではコンテンポラリー・ダンスという踊りを披露しています。

 

彼の音楽は全てノリの良いモノが多くチルな曲もたくさんありますが、『Bad Habits』のEd Sheeranの悪ノリ感が好きなので最後にねじ込んでみました。

スポンサーリンク

まとめ

今回の記事では僕の好きな「チルな洋楽」を紹介させていただきました。

 

今回の選曲からなんとなく分かったかと思いますが、僕はあまりラップやレゲエのような変わったタイプの音楽が好きではないです。

洋楽が好きでよく聞いている人なら知っている曲ばかりだったと思いますが、洋楽にそこまで詳しくない方の参考になれば幸いです。

 

また質問や感想等ございましたら下のコメント欄、もしくはツイッターまでお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました