【英語ペラペラになる最短の方法】英語脳を鍛えるメリット・デメリットを徹底解説

スピーキング

こんにちは、Yutaroです。

 

今回の記事では「英語脳を鍛えるメリット・デメリット」「英語脳を鍛える方法」について解説していきます。

 

この記事はこんな方におすすめです。

  • 英語を日本語に翻訳する癖をなくしたい
  • 英語は英語で理解できるようになりたい
  • 英語がペラペラになりたい
  • 英語中級者から上級者にレベルアップしたい

 

とにかく英語を上達させたい人は絶対に読むべき内容となっています。

 

この記事を書いた僕は高校時代3年間英語赤点でしたが、英語脳を鍛えまくり、30歳となった今はオーストラリアのホテルでフロント業務に就いています。

スポンサーリンク

英語脳とは何か!?

まずは、「英語脳」について解説していきますね。

 

英語脳とは、英語を英語で理解して、英語で文章を作る能力のことを意味します。

 

英語学習者の多くは、ハイレベルな英単語や文法を使いこなして文章の読み書きができます。ただし、この「英語脳」が鍛えられていないと、頭の中で「日本語⇒英語」の翻訳作業をしなければ英語で話すことができません。

 

英語を聞く場合も「英語⇒日本語」の翻訳作業をしなければならないので、(考える時間を与えられる)リスニングテストでは高得点を取れても、英会話の途中でついていけなくなってしまうんです。

 

その点、英語脳を鍛えると英語が母国語の人と同じような感覚で英語を話せるようになります。

 

大人になってから英語学習をスタートした人は「英語を英語で理解して、英語で考えるなんて無理だよ」と感じてしまうでしょう。僕もそのうちの1人でした。

 

しかし、英語脳は誰でも鍛えることができます。高校3年間英語が赤点だった僕でも英語脳を鍛え、そのおかげで僕の英語力は飛躍しました。今では洋画を字幕なしで楽しんでいますし、オーストラリアのホテル受付の仕事ではクレーム対応なんかも英語で行っています

 

英語脳は絶対に鍛えた方がいいです。英会話の上達だけでなく、今後の英語学習の効率も飛躍的にアップします。

 

ただ、英語脳を鍛えることは簡単ではありません。英語脳を鍛えるために英語学習のスピードが一時的に落ちてしまう可能性も十分にあります。

 

英語脳を鍛えるメリットの方が断然多いですが、デメリットもいくつかあるので順番に紹介していきますね。

 

スポンサーリンク

英語脳を鍛えるメリット

まず、英語を話せる人は2パターンの方法を使って英語を話しています。

 

1つは頭の中で日本語の文章を英語に翻訳し英語を話す人。(多くの英語学習者が当てはまるかと思います)

 

もう1つは英語で文章を作り、そのまま英語で話す人です。(英語脳を鍛えた人)

 

英語を話すだけが目的であれば、しっかりと勉強することでどちらの方法でも英語を話すことができます。特に、英語学習の目的が「海外旅行で使える程度の英語力を得る」や「メールのやり取りを英語で行う」程度であれば無理して英語脳を鍛える必要性はありません

 

ただ、英語を勉強している理由が「外国人と英語でスラスラ会話をしたい」や「海外の映画を字幕なしで理解したい」であれば、これから紹介する英語脳を鍛える必要があります

 

「英語脳」を鍛えて得ることのできる4つのメリット

  • 英会話がスムーズになる
  • 字幕なしで洋画が観れる
  • 新しい英単語や英語表現を簡単に覚えられる
  • 言葉に詰まっても違う表現で言い回しができる

 

1つずつ説明していきます。

 

【英語脳を鍛えるメリット1】英会話がスムーズになる

英語脳を鍛える1番大きなメリットは、何よりも「英会話がよりスムーズになるから」です。

 

英語を頭の中で翻訳して話す人は、英会話で必要なリズムに乗って話すことができません。

 

英会話は2人以上の人間が関わって成り立ちます。仮に1万語を超える英単語を記憶していても、頭の中で毎回翻訳作業をしていてはスピードが要求される日常会話では付いていくことができなくなってしまいます。

 

プロの翻訳家のように瞬時に頭の中で言語を変換して話すことができれば問題ないですが、なかなかそんな人はいないと思います。むしろ、プロの翻訳家レベルの翻訳能力を鍛える方が英語脳を鍛えるよりも遥かに難しいですよね?

 

英語脳を鍛えることができれば、たとえ語彙力が乏しくてもペラペラと話すことが可能なんです。

 

語彙力が低くても英語がスラスラ出てくるわけ

なぜ単語をそこまで知らなくても英語ペラペラになれるのかと言うと、英語を日本語を話す感覚で話すことができるからです。

 

第二言語として英語を習っている日本人でも、英語を日本語を話すのと同じ感覚で話すことは可能です。実際に僕がその一人です。昔は頑張って頭の中で翻訳作業をしていましたが、現在は英語を話す時に日本語が出てくることは一切ありません。

 

アメリカ人の3歳児を想像してみてください。

 

彼らは日本人の高校3年生より遥かに知らない単語が多いですし、難しい文法も知りません。でも、お父さんやお母さんと何の問題もなく会話をしていませんか

 

3歳児の子供が覚えている単語数はたったの200ほどしかありません。5歳児の子供でも訳2,000語程度です。間違った文法で話すこともありますが、必要最低限の英語表現を使いこなして会話をしています。

 

もしも、お父さんが難しい言葉を使ったら3歳児は理解することができません。ただ、基本的な日常会話はシンプルで同じことの繰り返しです。毎日使う表現は3歳児でも使いこなすことができ、大人と同等に会話をすることができるんです。

 

仮にTOEICで900点以上取れる人の語彙力は10,000語と言われています。社会人のTOEIC平均点である600点でも語彙力は5,000語程度もあります。それだけある英語力を使いこなせないのは勿体ないと思いませんか?

 

英語脳を鍛えると、その「TOEICで900点以上取れる力」をフルに英会話で使うことができるんですよ!

 

【英語脳を鍛えるメリット2】字幕なしで洋画が観れる

英語脳を鍛えると得ることのできる2つ目のメリットは「字幕なしで洋画を観れる」です。

 

英語学習者の多くが目指すのが「字幕なしで洋画を楽しむ」ですが、簡単なことではありません。個人的な意見ですが、特に日本人は英会話が上手くても洋画を字幕なしで観れる人はかなり少ないと思います。

 

洋画を字幕なしで理解できない理由の1つがテンポの速さです。

 

友達と英会話をするだけなら、ゆっくりと自分のテンポで話せるので日本語に翻訳しながらでも理解できます。しかし、決められた時間の中でテンポよくストーリー展開をしなければならない映画や海外ドラマは、友達との英会話などと比べると格段に速いので付いていけなくなってしまいます。

 

これも、英語脳を鍛えることで解決ができちゃいます。

 

そもそも早い英語が聞き取れない最大の理由が、英語から日本語に翻訳中でも英語がどんどん流れてくるからです。1つ目の文章が理解できても、次の文章を聞き取れないのでそこで置いてかれてしまうんです。

 

その点、英語を英語で理解できる人は話し手と同じタイミングで理解できるので、英語が聞き取れる限り簡単に理解ができるんです。

 

ただ、英語を聞き取る能力が備わっていることが条件です。洋画を字幕なしで観たい方は下記の記事でコツを伝授してます

➡ 【字幕なしで映画が観れるようになる!?】リスニング力の鍛え方を徹底解説

 

【英語脳を鍛えるメリット3】新しい英単語や英語表現を簡単に覚えられる

3つ目の英語脳を鍛えるメリットは「新しい英単語や英語表現を簡単に覚えることができる」です。

 

今まで「日本語⇒英語」で単語を覚えてきた人からすると難しいと感じるかも知れないです。ただ、英語を英語で覚えられるようになると、この新しい表現を覚える工程が一気にラクになります

 

この理屈をピアノの練習で例えれば分かりやすいかと思います。

ピアノは音符が読めなくても、曲を覚えることは可能ですよね?どこに指が行くかさえ覚えれば、音楽音痴の僕でも1曲や2曲は弾くことができます。(たぶん)

 

言うまでもないですが、音符が読めない僕は新しい楽譜を渡されても何もできません。その曲を披露しようと思ったら、何日間もその曲の練習をして鍵盤の位置を覚えなければいけませんよね?

 

でも、音符が読める人であれば、初めての曲でも楽譜を見た瞬間に弾き始めることができます。ピアノの練習を始めた時は音符が読めるようになるまで大変な思いをしますが、音符が読めるようになれば後はピアノのテクニックを磨くだけですよね?

 

英語も同じなんです。

英語学習の基礎を「文法や英単語を覚えること」と思っている方が多いと思いますが、僕が思う英語学習の基礎は「英語脳」です。

 

英語脳を鍛える工程はかなり時間がかかります。でも、英語を英語で理解できるようになれば、無駄な工程である「日本語で意味を覚える」をスキップでき、2倍以上の速さで英単語を覚えることが可能です。

 

さらに「日本語⇒英語」の勉強法では理解することが難しい、英語にしかないニュアンスの違いなんかも感覚で覚えることができます。より詳しく英語を英語で覚える方法は下記の記事で詳しく解説しているので参考にしてみてください。

➡ 【日本語で覚えるよりも効率的!?】英単語を英語で理解する方法を徹底解説します

 

【英語脳を鍛えるメリット4】言葉に詰まっても違う表現で言い回しができる

英語脳を鍛える4つ目のメリットは「言い回しが柔軟にできるようになる」です。

 

従来の「日本語⇒英語」の記憶方法では柔軟に英語を使うことが難しいんです。というのも、この方法だと英単語を1つの意味だけで覚えてしまうことが多いからです。

 

例えば、英単語の”admit”の意味を覚えるとしましょう。

 

“admit”は辞書で調べると「認める」「入れる」「収容できる」と出てきます。学校なんかで学ぶ際は「admit=認める」としか説明してない教材も多いので、そう覚えている人も多いのではないでしょうか?

 

実際に”admit”は「認める」として良く使われているのでそれはいいのですが、問題なのが、会話の中で”admit”が出てこなかった時です。

 

日本語から英語へと翻訳しながら話していて「~を認める」の英単語を忘れてしまった場合、他の英単語で「~を認める」の意味を持つモノを探してこなければ文章が完結しません。

 

「~を認める」と日本語で調べると”recognize”や”acknowledge”が出てきます。

 

仮に日本語の文章が「浮気したことを素直に認めるよ」だった場合、”I honestly admit that I cheated on you”となります。このセンテンスでは”recognize”と”acknoeledge”は使えないこともないですが、浮気した事実を認めるといよりも「浮気しちゃってたらしいね」的な軽いノリに聞こえてしまいます。

 

日本語から英語への翻訳をしていると、この辺のニュアンスを理解することが困難になってしまうんですね。

 

英語を英語で理解できる人であれば、違う言い回しで同じことを言うことが可能です。

 

“You are right that I cheated on you”もしくは、”It is true that I cheated on you”と簡単な英語で代用ができちゃいますね。”You are right”で「君が正しいよ」、”It is true”で「本当のことで」と間接的にですが「~を認める」と同じような意味合いを持った文章を作ることが簡単にできます

 

こういった柔軟な発想の転換は「日本語⇒英語」で英単語を覚えている限りは難しんです。

 

スポンサーリンク

英語脳を鍛えるデメリット

メリットほど多くはないですが、「英語脳を鍛えるデメリット」もいくつかあるので紹介していきます。

 

英語脳を鍛えるメリットは十分に分かっていただけたと思いますが、英語脳を鍛える必要ない人もいます。英語学習の目的が違う人であれば、英語脳を鍛えること自体が時間の無駄になってしまう可能性だってあります。

 

勉強法を紹介する前にデメリットを知っておくことは大切なので、全部紹介していきます。

 

【英語脳を鍛えるデメリット1】時間がとにかくかかる

英語脳を鍛えると簡単に言っていますが、英語を英語で理解できるまでにかなりの時間がかかります。

 

海外生活の長い僕を例にあげると、日本語を使わないで理解できるようになるまでに3年くらいはかかりました。洋画を字幕なしで理解できるようになってきたのもそれくらいの時です。

 

また、英語脳を鍛えるためには周りの環境が非常に大切です。

 

日本語を話す機会が多ければ多いほどに英語脳を鍛えるのは難しいと考えています。なので、日本に住んでいる方で英語を話す機会が極端に少ない方だと、自ら英語環境を作らない限り英語脳は鍛えられません。

 

長い目で見れば、英語脳を鍛えることでTOEICで高得点を取ることも簡単にできますし、高校の英語テストくらいであれば勉強しなくても満点が取れるほどになると思います。ただ、時間が掛かる上にテスト勉強のような英語学習法ではないので、すぐに結果が必要な方には合わないです。

 

【英語脳を鍛えるデメリット2】英語環境に身を置く覚悟が必要

上記でも触れましたが、英語脳を作るためには周りの環境が何よりも重要です。英語の勉強をしているのに日本語しか使っていなかったら、英語脳を鍛えることなんてできません。

 

毎日コツコツやることはとても大切ですが、毎日ガツガツできればやった分と比例して英語は早く伸びていきます。さらに、英語の上達を実感できればやる気に繋がり、継続がしやすくなりますね。

 

ワーホリや語学留学で海外に来る日本人はたくさんいますが、英語ができないまま日本に帰国する人が多いのは事実です。実際に、2年間のワーホリで英語学習に全力を注いだ僕でも満足した英語力をつけることができずに日本に帰国しました。

 

毎日英語を話す環境にいるので英語は確実に上達しますが、英語ペラペラと呼ぶには程遠いレベルです。

 

海外に住んでいるから英語環境にいると勘違いしている人が多いですが、日本語を話す機会が少しでもあるのであれば、それは英語環境とは呼べないと僕は思っています。完全に僕の独断と偏見ですが、英語が上達しない理由は英語を話す機会が少ないからではなく、日本語を話す機会が多いからです。

 

英語を話す環境にいても、日本語を話している限りは英語脳は鍛えられません。英語を話す機会が多いので英会話は上手くなりますし、英語は確実に上達しますが、それと英語脳は全く別の話になります。

 

なので、英語を上達させたいのであれば周りの環境を変える必要があり、それを難しいと感じる人が多いです。日本に居ながらも英語環境を作る方法は下記の記事で解説しています。

➡ 日本にいながら英語上達は可能?-英語環境の作り方紹介します!

 

スポンサーリンク

英語脳を鍛える勉強法

英語脳を鍛えるメリット・デメリットの説明がかなり長くなりましたが、英語脳を鍛えて損はありません。英語脳を習得するまでは時間がかかりますが、それ以降は英語の上達が一気に加速します。

 

ここでは、そんな英語脳の作り方を紹介していきますね。

  •  【英語脳を鍛える勉強法その1】翻訳せずに英語を聞く・読む練習をする
  • 【英語脳を鍛える勉強法その2】英語で新しい英単語や英語表現を覚える
  • 【英語脳を鍛える勉強法その3】英語で考える・話す癖をつける

 

 

1つずつ解説しています。

 

【英語脳を鍛える勉強法その1】翻訳せずに英語を聞く・読む練習をする

英語脳を鍛える上で大切なことが「英語を日本語に翻訳する癖を無くすこと」です。

 

人間が新しい言語を覚える際は「リスニング」「スピーキング」「リーディング」「ライティング」の順番に覚えていきます。赤ちゃんがそのように言語を覚えていきますよね?

 

なので、まずやって欲しいことはとりあえず英語を聞くこと。そして日本語に翻訳して理解しようとしないことです。理解できない英語でも聞きまくることで、僕の経験上英語脳は鍛えられますが、80%以上が理解できるくらいの簡単な英語を聞くのがおすすめです。

 

英語脳が鍛えられていない人は、早い英語を瞬時に聞き取り理解することができません。ただ、それを文字として読む分には、十分な英語の知識があるので時間をかけて理解することができます。なので、簡単に理解できるレベルの英語を何度も聞いて、英語で理解する努力をすれば英語で理解できるようになるんです。

 

簡単に理解できる初心者向けのYouTubeをまとめた記事があるので、そちらを参考にしてみてください。

➡ 【初心者から上級者まで】英語学習におすすめ海外のYouTubeチャンネル5選

 

また、英語を多読することも効果的です。スラッシュリーディングは、特に英語初心者の方でも挑戦しやすいのでおすすめです。スラッシュリーディングについての記事も書いているので下記の記事からどうぞ!

➡ 【英語初心者向け】スラッシュリーディングで英語の理解度が劇的にアップ

 

【英語脳を鍛える勉強法その2】英語で新しい英単語や英語表現を覚える

英語脳とは英語を英語で考える能力ですよね?

 

日本語で英語を覚えてしまったから、今になって大変な思いをしているんです。ということは、最初から英語は英語で覚えてしまえばいいんです!

 

詳しいやり方は「英語を英語で理解する方法」の記事で説明していますが、英語脳を鍛えるには英語を英語で覚えちゃうのが1番簡単なやり方です。なので、赤ちゃんに戻った気分で周りのモノを英語で理解できるようになることから始めましょう。

 

例えばですが、今家の中にあるモノを全て英語で言えますか?

 

身の回りにあるモノは日常の会話でよく出てくる重要な単語ばかりです。英語脳を鍛える第1ステップとして全部覚えてみましょう。

 

ここで問題です!

“Apple”と聞いたら何を想像しますか?

 

こんなイメージが湧いたと思います。簡単ですよね?

 

では、どのようにして上の画像のようなイメージに辿り着きましたか?

 

“Apple”という言葉を聞いた時に「”Apple”はリンゴだから」って訳しましたか?翻訳なんかせずにリンゴのイメージが先に出てきませんでしたか?

 

「Apple=リンゴ」は英語が苦手な人でも知っている超有名な英単語の1つなので、当たり前のように使うことができるんです。他にも”Hello, how are you?”と聞かれたら”I’m fine, thank you. And you?”と日本語を考えなくても英語で反射的に答えられますよね?

 

これが英語脳です!

実は英語脳は作るのではなく、鍛えるが正解なんですね。

 

これらは簡単な例の1つですが、”Apple”のように当たり前のように聞いている、知っている英語は日本語で理解することと同じように頭で自然に理解をしているんです。ということは、最初から英語で覚えてしまえばいいということになります。

 

上の写真は”Fridge” (Refrigerator)です。

 

“Fridge”を覚えるときに注意して欲しいのが、日本語の意味と英語の意味で覚えないこと。”Fridge”と「冷蔵庫」は別のモノとして覚えてください。

 

新しい日本語をいつでも覚えられるように、”Fridge”も新しい言葉として日本語の延長線上で覚えることができます。これを繰り返すことで、冷蔵庫を見た時に反射的に”Fridge”と出てくるようになるんです。

 

これを応用して「家の中にあるもの全て」「会社で使うもの」「目に見えるすべて」を英語で覚えるようにしてみましょう。

 

【英語脳を鍛える勉強法その3】英語で考える・話す癖をつける

英単語を英語で覚えるのと同じく大切なことが「英語で常に考える癖をつけること」です。

 

英会話とは何も英語を話すことだけが全てではありません。考え事も英語で行うことで、英語脳は簡単に鍛えることが可能です。

 

例えば、これから寝ようとする時にただ単にベッドに行くだけでなく、”I am so sleepy, I am gonna go to bed now”と簡単な英文を口ずさんでみましょう。

“I am so sleepy, I am gonna go to bed now”

 

最初は慣れないと思います。

ただ、毎日言い続けていれば10日目の夜には何も考えなくても”I am so sleepy, I am gonna go to bed now”と自然に出てくるようになります。

 

簡単な英語フレーズが自然に出てくるようになったら、違う文章をつけ足してみてください。”I am so sleepy, I am gonna go to bed now”という表現を当たり前のように言えるようになったら、”because I have to wake up early tomorrow”を足してみましょう。

 

“I am so sleepy, I am gonna go to bed now because I have to wake up early tomorrow”となり、毎日言い続ければこれも当たり前のように寝る時間になれば勝手に出てくるようになります。

 

かわいい犬を見かけたら 「かわいい!触りたい!」ではなく、”Ohh, it is so cute! I wanna touch it” と口に出せない状況でも、頭の中で考えるようにしましょう。

 

英会話とはこれの繰り返しになりますので、普段の生活の中で英語で考える癖をつけるようにしてみてください。この一連の動作が日本語から英語に翻訳してしまう癖をなくし、英語で考える感覚を掴みやすくなります。

 

スポンサーリンク

まとめ

今回は「英語脳を鍛えるメリット・デメリット+勉強法」を紹介させていただきました。

 

英語脳を鍛えることで会話がスムーズになるだけでなく、新しい英単語や英語表現も格段に速いスピードで覚えられるようになります。また、英文法や英語にしかないルールや細かいニュアンスの違いにも敏感に気付けるようになるので、英会話があまり伸びないと感じている人には特に試してほしいです。

 

身の回りの簡単な英単語や朝のルーティーンを英語で言ってみるようにすると難しい普段使わないセンテンスを覚える必要がなく「今」必要な表現を覚え続けるので使い道が広がりますし、スムーズに会話の中で使うことができます。

 

できるだけ多くの英単語や英語表現を覚えることは重要ですが、普段の生活で使わなければ忘れてしまいます。旅行先で使うような表現は今回の勉強法を続けていれば自然に覚えますので、優先順位を考えて今は身近なものから始めてみましょう。

 

今回の記事を通して英会話の壁を1つ超え、次のレベルに進みたい方の助けになれたら幸いです。

 

質問がある方は下のコメント欄、もしくはツイッターまでお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました