英語力ゼロでも大丈夫!外国人の友達の作り方(ワーホリで実証済み)

英語がペラペラになりたい人はここ
 

せっかくワーホリでオーストラリア来たのに全然英語喋ってない

英語で話す相手がいないからスピーキング力が付いてきたのか分からない

 

英語力ゼロだし、ワーホリで外国人の友達なんか作れないよ

ワーホリで海外に在住の方で上記のような悩みを抱えている方はいませんか?

今回の記事はそんな方に向けた内容です。

この記事の内容
  • ワーホリで外国人の友達の作り方
  • ワーホリ後に日本で外国人の友達の作り方
  • 外国人と仲良くなるコツ
  • 英語力ゼロでも英語ネイティブの友達を作るコツ

この記事を書いている僕は、オーストラリアで2年間のワーキングホリデーを経験したくさんの外国人の友達を作りました。英語力はほぼゼロだったので、そのコツ(努力)を紹介していきます!

スポンサーリンク

ワーホリで外国人の友達ができない大きな原因

せっかくワーキングホリデーを使ってオーストラリアやカナダなど英語圏で生活をしているのに、できる友達は日本人ばかり…

ワーホリで外国人の友達が作れない人にはある共通点があります。

ワーホリで日本人の友達しか作れない原因
  • 英語に苦手意識があり、「外国人に相手にされない」と勝手に思い込んでいるから
  • 日本人同士がやっぱり心地よい
  • 文化の違いに戸惑う

英語への苦手意識から「外国人に相手にされない」と思い込んでいる

まず、ワーホリや海外留学で外国人の友達ができない大きな原因の1つが、自分の英語力に対する劣等感です。


「英語がまだ話せないから」

「英語力ゼロの私と友達になるメリットなんてないでしょ」

と、友達を作る以前に外国人を避けてしまいガチなんですね。


もちろん、ベストフレンドと呼べるような友達関係を作りたいのであれば、それなりの英語力が求められます。

しかし、普段遊びに行ったりするような友達関係であれば、英語が全く話せなくても友達は作れます。


実際に、「【ワーホリ体験談】頭のおかしい友達に3時間以上顔を殴られ続けた話」で紹介した日本人の友達は英語力ゼロでしたが、外国人の友達がたくさんいました。

英語力ゼロでも、コミュニケーションを取りたい気持ちがあれば国境を越えて友達はいくらでも作ることができるんです。

もちろん、外国人の中には英語ができない人を馬鹿にするような人もいます。英語が話せない日本人を相手にしない英語ネイティブもいるでしょう。そういった人に出会ってしまうことで自信を失ってしまう人が多いことも事実です。僕も何人かそういった人に出会い、自信をなくしたことがありましたね。

しかし、英語力は関係なく「人」として見てくれる人がいることも事実です。僕は、ワーホリ中にベストフレンドと呼べるような友達(英語ネイティブ含む)がたくさんできました。

結局は、あなた次第ということです。

日本人同士がやっぱり心地よい

ワーホリ中に外国人の友達がなかなか作れない原因2つ目は、海外に住んでいても結局のところ日本人同士が心地よく日本人の友達を作ってしまうからです。


ワーホリの目的が英語学であれば、ワーホリ中の友達は外国人が理想的です。

しかし、住み慣れない海外での1人暮らしだと英語が話せないストレスなどから無意識のうちに意思疎通がしやすい日本人を探してしまうんです。


ワーホリや海外留学で日本人の友達を作ることが悪い訳ではないですが、英語学習という観点ではデメリットが多くなってしまうんですね。そちらに関する詳しい内容は下記の記事で説明しています。

仮に言葉が通じても、心から分かり合えるような友達を作るとなると外国人だと難しいと感じてしまう人も多いんです。そうなると、自然と日本人の友達に落ち着いてしまうんですね。

また、1度でも日本人の友達を作ってしまうと、外国人の友達を作るのが面倒だと感じてしまう人もいることも事実です。

文化の違いに戸惑う

日本人の友達の方が意思疎通が簡単なのと理由は似ていますが、ワーホリ中は文化の違いで戸惑うことも多くなります。

その結果、「やはり外国人の友達は無理!」ってなってしまう人もいるんですね。


僕もワーホリ初期は、そこまで仲良くないのに変に距離感が近いヨーロッパ系やアラブ系の男性に少し苦手意識がありました。

南米系の人も距離感という点では近いのですが、不快感を与える距離感ではなかったので友達はブラジル人やコロンビア人が多かったです。


もちろん、それらの受け取り方は人によって変わりますが、文化の違いに戸惑う人は多いですね。

スポンサーリンク

外国人の友達の作り方(ワーホリで実証済み)

先ほども説明したように、ワーホリで外国人の友達を作るのが難しいと感じる人が多いのは事実です。

しかし、それはただ単に外国人の友達を作る方法を知らないだけなんです!


僕もかなりシャイなタイプだったのに加え英語力がほぼゼロに等しかったので、自分から外国人に声を掛けるなんて考えたこともなかったです。

そんなシャイで英語も話せない僕でも、初めてのワーキングホリデーでたくさんの友達ができました。その秘訣をここで公開していきます!


これから紹介するのは、ワーホリで実際に僕が試してきた方法だけです。本当に効果のあった外国人の友達の作り方なので、友達作りに難航している人は今すぐにでも試してみてください!

お酒の力を借りる

僕がワーホリで友達作りにおいて1番効果を感じたのが、お酒の力です。

お酒が飲めない方にはおすすめできませんが、この方法が最も効果的で簡単に外国人の友達を作る方法です。


酔っ払いに国境なんてありません

酔っ払い同士であれば、英語なんか話せなくてもノリで仲良くなれます。


上記の写真は、僕が23歳の時にオーストラリアのハミルトン島というリゾート地で働いていた時の写真です。

英語ネイティブの友達を作りたく、ハミルトン島についた初日にスタッフ用のバーに1人で行ってオーストラリア人の友達を作りました。


もちろん、僕は1人でバーやナイトクラブに行くような人間ではないですし、当時の僕の英語力はほぼゼロに等しかったです。

しかし、ハミルトン島に予想以上に日本人が働いていたので、自ら外国人の友達を作る努力をするしかなかったんですね。


毎週水曜日、金曜日、土曜日は、ハミルトン島のバーとクラブをはしごする生活を5カ月間。パーティー行事やイベント毎には100%の出席率でした!

パーティー大好きのオーストラリア人から「Party animal(パリピ)」と呼ばれるほどでした。ハミルトン島に住んでいる人全員が僕を知っているくらい友達がたくさんいましたね。


ただ1つ残念なことが、お酒の場以外だと軽い会話くらいしかしない程度の友達ばっかだったことです。

プライベートでビーチに行ったりのような時間を過ごす友達は、みんな仕事場の友達でした。

趣味をたくさん持つ

外国人の友達を作る上で、趣味の力は大きいです。

これは外国人の友達を作る方法だけに限らないと思いますが、趣味が合う人と一緒に時間を過ごしたいと思うのが普通ですよね。


僕はもともと趣味が少ないのですが、オーストラリアにワーホリで来た時は積極的にイベントごとに参加するようにしていました。

例えば、僕は小中高と野球部だったので野球が好きです。

しかし、オーストラリア人で野球をやったことのある人はほとんどいません。野球のルールすらも知らないオーストラリア人と野球の話で盛り上がるなんてことは不可能です。


しかし、オーストラリア人はラグビーは大好きです。

毎日のように、試合見て盛り上がってます。


なので、オーストラリア人と仲良くなるためには、ラグビーの話をすることが1番です。

僕もラグビーを一緒に見てルールを教えてもらったり、ボールの投げ方を教えてもらったりしてオーストラリア人と仲良くなりました。


自分の好きなことに興味を持ってもらうと嬉しいですよね?

それだけで言語の壁なんか関係なくなっちゃいます。


オーストラリア人は釣りも大好きです。

彼らは良く釣りの話をしているので、「次行くときに連れっててよ」なんて言うと普通にその日の夜に連絡が来ることもあります

それで夜中に釣りに行くハメになったことが何度もありました。まさか、本当に誘ってくるとは思ってなかったです(笑)


自分の好きなことに集中することも大切ですが、ワーホリで外国人の友達を作りたいのであれば、行動範囲を広げ相手の趣味に合わせることも必要になってくることもあります。

自分のことを好きな人と仲良くなる

1番簡単に外国人の友達を作る方法になりますが、自分に気がありそうな人と友達になっちゃいましょう!

自分が気のある人から仲良くされたら嬉しいですよね?


友達としか見られてないにしても、好意のある人から良くされるのは嬉しいことです。

好きな相手となれば、向こうも距離感を縮めるのが早いです。あっという間に親密な関係になることも可能です。

興味がなくても、まずは友達になってみよう

相手が「ゲイだから」とか「自分のタイプじゃないから」と無視をしないで、まずは友達になってみてください。

勘違いされて傷つけてしまうこともありますが、相手も気持ちがないと悟ったら普通の友達として接してくれますよ。

女性の方は男性から何かをされては危険なので、変に勘違いさせないように「線引き」はしっかりしてくださいね。

「イエスマン」になる

ジム・キャリー主演の映画『Yes Man』を見たことがありますか?

僕の大好きな映画の1つで、「何にも手くいかなかった男が、どんなことにも”Yes”と言うようにしてから人生が180度変わった男」といった内容のストーリーです。


人生って「イエス」か「ノー」で大きく左右されることばっかりですよね。

友達に誘われたら、”Yes! Let’s go!”と常に言う習慣をつけることが友達作りにおいてとても大切なんです。

“No”と言う勇気も大切ですが、英語を話すために少し自分の殻から出て、冒険することも大事なんですね。

シェアハウスに住む

最後におすするのは、シェアハウスに住んで外国人の友達を見つける方法です。

シェアハウスは日本ではそこまでポピュラーではないと思いますが、日本でも増えてきていますよね。

日本の友達も何人かシェアハウスに住んでいます。


ワーホリ中の方であれば、日本人のいないシェアハウスに住むことで毎日が英語のみの完璧な英語環境を作ることができます


また、日本でも多くの外国人が家賃が安いことから、シェアハウスに泊まっています。

僕の台湾人の友達が日本にワーホリで来ていた時は、シェアハウスで暮らしていたそうです。

日本に居ても、シェアハウスで暮らすことで外国人の友達が簡単にできちゃいます。


シェアハウスで外国人の友達を作る方法は下記の記事でも紹介しています。

スポンサーリンク

まとめ

以上の5つが僕が実際にワーホリで使用した「外国人の友達の作り方」です。


今では、「英会話カフェ」や「ティンダー」「ミートアップ」といったアプリを利用して、外国人と交流を持つことは簡単に出来ます。


オーストラリアやアメリカに住んでいても、自分で英語を話す努力をしなければ英語を話す環境なんて作れません。

100人に1人しかいない日本人を見つけ出しては、住みやすい環境を作り出してしまいがちです。外国人の少ない日本に住んでいるのであれば、なおさら努力をする必要がありますね。


普段やらないことは気が進まないですが、やってみると意外と楽しいモノです。

自分の殻を破って、どんどん英語を話す機会を自分で作りましょう!


質問や感想等ありましたらコメント欄、もしくはツイッターまでお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました