コンテンツへスキップ

【長距離通勤は楽しい?うつになる?】自転車と電車での片道2時間生活から得たメリット・デメリット

こんにちは、Yutaroです。

会社勤めしている人の悩みの種と言えば「通勤」です。僕は片道2時間(往復4時間)を超える長距離通勤(自転車30分+電車1時間半)を半年以上していたのですが、正直体力的にも精神的にも限界でした。ただ、長距離通勤をするメリットもかなりあると感じました

 

これから長距離通勤をする予定の方だと「通勤時間なんて気にならない」と思う人もいると思いますが、実際に長距離通勤を始めてからキツイと感じ、うつ病を発症させるケースもあるそうです。

 

なので、この記事では僕の観点から、長距離通勤のメリットとデメリットを紹介していきます。

 

この記事を読んで分かることはこちらです

  •  片道2時間を超える長距離通勤のメリットとデメリット
  • 長距離通勤はやめた方がいいのか?
  • 長距離通勤が苦にならないタイプとは?

 

人によって考え方はもちろん違いますが、僕はメリットよりもデメリットの方が遥かに多いと感じました。ただ、職種や趣味、仕事以外の生活環境でデメリットよりもメリットの方が多くなることもあり得ます。一緒に見ていきましょう!

 

 

往復4時間の自転車+電車通勤とは?

僕はオーストラリアのゴールドコーストに住んでいたのですが、仕事がブリスベンにあるのでほぼ毎日往復で4時間かけて通勤をしていました。自分の家からゴールドコーストの駅まで自転車で30分、そこから電車で約1時間半です。今は仕事場から歩いて10分の家に住んでいます。

 

電車は30分置きに1本しかないのと、電車の到着時間が仕事開始時間の2分前なので、着替える時間や遅延する可能性を考慮すると1本早い電車に乗らなければ間に合いません。なので、仮に朝の7時出勤だと家を4時40分に出ないと遅刻する可能性があるということですね。

 

仮に午後3時に仕事が終わっても、家に到着するのは17時過ぎです。朝の4時40分に家を出て、帰宅する時間が17時20分くらいの生活を基本的に送っていました。

 

通勤中に車に轢かれて骨折しました

毎日片道30分かけて自転車で駅まで行くのですが、仕事に向かっている時に車に轢かれて右手首と足の指を骨折しました。

 

その時の写真がこちらです。

この事故は加害者の過失割合が100%ですが、この事故が起きた原因は長距離通勤を選んだからです。仮に家の近くの仕事や仕事場に近い家を借りていたら、この事故は確実に避けることができていました。

 

長距離通勤を始めたばかりの頃は楽しんでいましたが、慣れてくるとキツイな感じることが増えてきたのでメリットとデメリットを紹介していきますね。

 

長距離通勤のデメリット

まずは、デメリットから紹介していきますね。

 

僕が半年以上の往復4時間を超える長距離通勤で感じたデメリットはこちらです。

  • 遅刻するリスクが高い
  • 電車がないと仕事に行けない(家に帰れない)
  • 家での時間が減る
  • 交通費が高い
  • 休日にやることが増える
  • 仕事場のパーティーや飲み会に参加できない
  • 腰を痛める
  • メンタルが少しづつ削られていく

 

こうやって書き出していくと自分でもびっくりするくらい多く出てくるんですね(笑)

 

やはりデメリットの方が多いです。では、1つずつ一緒に見ていきましょう。

 

遅刻するリスクが高い

まず、僕が1番デメリットのだと感じたことが「遅刻するリスクが高すぎる」ことです。

 

長距離通勤だと、天候不良や事故、トラブルの影響をもろに受けます。なので上記で触れたように、出勤時間の2時間以上も前に家を出ても遅刻してしまうことがあります。また、勤務地が遠いと電車の本数も減るので、5分の遅刻が30分以上の遅刻になってしまうのもかなりのデメリットですね。

 

仕事場から歩いて10分の所に住んでいる同僚がまだ寝てる間に頑張って自転車を漕いでるのに遅刻するってやる気なくなりませんか?

 

電車がなくなると仕事に行けない(家に帰れない)

遅刻するリスクが高いのと理由は似ていますが、天候不良などで電車が止まると仕事に行くことも家に帰ることもできなくなります

 

僕の住むゴールドコーストでは数日前に大洪水が起き、ブリスベン行きの電車がない状態が1週間以上続きました。もちろん仕事に行くことができなかったのでその週の給料はガッツリと減ってしまいましたね。引っ越しをする予定はありましたが、これが主な原因で引っ越しがすぐに決まりました。

 

また、オーストラリアはイベント毎を大事にする国家なのでクリスマスやニューイヤーは電車の運休がかなり少なくなります。なので「朝7時出勤でも電車がない」や「終電がいつもより1時間早い」なんてことは日常茶飯事です。

 

そんな時は仕事場に近いバックパッカーに泊まったりしていましたが、コストがかさむので毎回はできないです。なので、終電で仕事場に来て5時間以上待機することも多かったですね。

 

上司もそんな状況を知っているので途中から午後のシフトにしてもらいましたが、そうなると終電を逃せないので毎日駅まで猛ダッシュの日々を送っていました。

 

家での時間が減る

往復4時間以上かけて通勤をするということは、仮に睡眠に8時間+仕事に8時間かけると家で過ごせる時間がたったの4時間しか残っていません。もちろん、その4時間でお風呂に入ったり、料理を作ったりするので実際に家でくつろぐ時間は圧倒的に少なくなります

 

僕の場合、朝の4時40分に家を出て夕方の5時過ぎに家に帰宅します。十分な睡眠を取るためには9時前には就寝したいので、そうなると家で過ごせる時間が3時間くらいしかないんです。特に仕事終わりで疲れていると。「帰宅してゴロゴロしてたらもう寝る時間」なんてことはよくあります。

 

ただ、実際はそんな風に予定通りに進むわけもないので、睡眠時間を減らすことが多かったです。電車の中で寝落ちすることも多いですが、疲労は取れないのでどんどん疲れが溜まっていくのが分かるのが辛かったですね。

 

交通費が高い

やはり、お金を稼ぐために働いているので、交通費が高いことはデメリット以外の何物でもないですね。

 

日本だと通勤手当がでる会社も多いと思いますが、オーストラリアでは通勤手当はありません。さらに、オーストラリアは物価が高い国なので、僕の場合1日にかかる交通費は20ドル(約1600円)近くになります。それを週5で働いていれば、100ドル(約8,000円)を毎週払わないといけないということになります。

 

近くの家に引っ越しをすれば毎月3万円の貯金ができるんですよ!もちろん、住む場所によって家の家賃も変わってきますが、その辺はしっかりと考慮した方がいいと思います。

 

上記でも触れましたが、電車がない場合は仕事場近くの安宿に泊まることも多かったです。そうなると外食も増え、交通費以外にもコストがかさんでいくんですね。人によってはタクシーを使って帰る人もいるので、そうなると交通費だけで給料のほとんどがなくなるなんてこともありえますよね。

 

また、考え方次第ですが、通勤時間も時給に換算すれば相当な額になります。僕の場合、1日に4時間なので、週計算で20時間となります。今現在の時給は22ドル(約2,000円)なので、440ドル(約40,000円)を損している計算になります。この時間を使って働けば月に15万円以上の副収入が入ってくるんですよ。もったいないと思いませんか?

 

休日にやることが増える

長距離通勤をすると家で過ごせる時間が減り、その結果自分の好きなことができなくなります。僕の場合、ジムに行けなくなったのは大きなマイナスポイントでした。

 

通勤中の交通事故も大きく関係していますが、長距離通勤を始めてからジムに行けるのが休みの日のみになりました。無理をすれば4時間しかないフリータイムを使ってジムに行くこともできますが、それをしてしまうと本当に家での時間がなくなってしまいます。そうなると休日の時間がある時に行くしかできないんですね。

 

また、洗濯や掃除、友達やその他のアポイントメントなども休みの日にまとめてやるようになります。そうなると、せっかくの休日でも家でくつろぐ時間が本当になくなるんです。

 

休日にやることが増えると休日を楽しむことができなくなってしまい、遊びに行くことが面倒くさいと感じてしまったのは大きなデメリットでしたね。

 

仕事場のパーティーや飲み会に参加できない

これに関してはメリットと捉える方も多いと思いますが、電車を逃すと家に帰ることができないので、基本的に会社の人と遊びに行ったり、会社でのパーティーに参加することができません

 

最初のうちは「今夜みんなで飲みに行くから行こうよ」なんて誘われますが、何回か断ると誘われることすらなくなり、ちょっと悲しい思いをしました。

 

また、自分が休みの日にクリスマスパーティーなどがある場合、交通費を払って4時間以上かけてパーティーに参加することになるので、パーティーに参加するメリットがそもそもありません。そうなると、必然的に自分から行かなくなってしまいます。

 

特に仕事内での人付き合いが大切な仕事をしている人にとってはデメリットですね。

 

腰を痛める

長距離通勤をしていると電車に乗る時間が長くなるので、腰を痛めます。

 

僕の場合、電車通勤を始めてから腰痛を発生しました。最初に異変を感じてから4カ月以上が経ちますが、未だに治っておらず、朝起きたりするのもキツイんです。ここまで長引く腰痛は今までに経験したことがないので、電車通勤だと確信しています。

 

また、電車内ではスマホをいじる機会が多くなるので、首を痛めることも多くなります。座りっぱなしの状態は体にも良くないので、この点は早く改善したいと思っていました。

 

メンタルが少しづつ削られていく

長距離通勤をすると、上記で紹介したデメリットを徐々に感じるようになります。最初は楽しいのですが「遅刻するかも」「家での時間がない」「ジムに行けない」「交通費が高い」が徐々にボディブローのように効いてくるんですね。

 

長距離通勤になるとうつ病を発症する可能性もあるそうですが、僕も長距離通勤を始めてから気分が上がらない日が多かったです。また、ツイッターの方でも愚痴と取れるツイートも多くなってきていました。後から見返すと、ストレスに感じているのが分かります。

 

上記で紹介したツイートもそうですが、少しづつ病んでいってるのが分かりますね(笑)

うつ病になる前に移動しようと、この洪水をきっかけにブリスベンに移動しました。

 

長距離通勤のメリット

上記では長距離通勤のデメリットを紹介しましたが、メリットもいくつかあります。人によってはメリットの方が重要に感じる人もいると思うので、シェアしていきますね。

 

長距離通勤(自転車+電車)で得ることのできるメリットはこちらです。

  •  通勤時間を無駄にしないように頑張る
  • 話題が増える
  • 会社の人と関係を持たなくていい
  • 急な出勤を振られない
  • 適度な運動ができる
  • プチ旅行気分が楽しめる

 

長距離通勤は大きなストレスの原因だったので仕事場の近くに引っ越しすることを決意しましたが、それでも半年以上は長距離通勤を続けた理由が上記のようなメリットがあるからです。1つずつ見ていきましょう。

 

通勤時間を無駄にしないよう頑張る

長距離通勤の1番のデメリットが「自由に使える時間がない」だと思いますが、長距離通勤をしている人はこの辺をしっかりと理解しているので、通勤中に時間を無駄にしないように頑張るんです。

 

僕の場合、毎日往復4時間の通勤で3時間は電車に乗っています。その3時間を無駄にしないようにブログを更新したり、ツイッターのネタを考えたりと基本的に何かをするように心がけています。

 

さらにツイッターでも堂々と宣言しましたが、先月からフランス語の勉強を始めました。なので、通勤時間でフランス語学習のYouTubeを見てフレーズを覚えるようにしていました。

 

ブログやツイッターの更新はすでに習慣化しているので、家にいる時でも当たり前のようにやるようになりました。ただ、勉強嫌いな僕は家での時間を割いてまでフランス語を勉強する気になれないんです。実際、長距離通勤をしていた時は毎日フランス語を数時間も勉強していましたが、電車通勤をしなくなった後はほとんどやっていないことに気付きました。

 

勉強だけでなく読書や瞑想など、習慣化させたいことは通勤時間を使うことで簡単に習慣化ができちゃいます。フランス語の勉強が習慣化してから引っ越しすれば良かったかなと少し後悔しています。

 

話題が増える

長距離通勤をしていると、それだけで話の話題が増えます。「休憩中に一緒になったけど話の内容がない」なんて時でも相手の方から話しかけてもらう機会も確実に増えますね。

 

特に、僕はホテルフロントで働いているのでゲストと軽い会話をすることが多いです。基本的な話題と言えば「どこから来たか?」なので、僕にとってはかなり大きなプラスポイントなんです。

 

会社の人と関係を持たなくていい

上記でデメリットとして紹介しましたが、家が遠いことから会社の人との関りがほぼなくなります。僕にとってはデメリットですが、会社の人と仕事以外で関係を持ちたくない人も多いと思います。

 

家が遠いと知っているので、誘いを断っても罪悪感も何もありません。また、休みの日にばったり会ったりすることもないので、その辺で気を遣う必要がないのはメリットだと思います。

 

急な出勤を振られない

仕事場の近くに住んでいると、どうしても人が足りない時や忙しい時に出勤を求められることも多いかと思います。過去に仕事場から歩いて5分の所に住んでいたことがありますが、誰かが休んだりすると1番に電話がかかってくるので気が気ではありませんでした。

 

それも2時間以上も離れた場所に住んでいれば、基本的にそのような急な出勤を求められることはなくなります。休みの日に仕事のことを考えなくていいので、仕事とプライベートをしっかりと分けたい人には長距離通勤もメリットが多めだと思います。

 

適度な運動ができる

僕の場合、往復で3時間の電車通勤+1時間の自転車通勤をしていたので、毎日の1時間のサイクリングはかなりのメリットだなと感じました。

 

僕はジムに通い筋トレをいていますが、カーディオ(有酸素運動)はほとんどしません。カーディオをやらない主な理由としては「やる気がないから」「時間を食うから」です。

 

ベンチプレスなど重量を使う筋トレはやっていて楽しいですが、ランニングやHIITトレーニングは辛いだけにしか感じないのでやらないんです。でも、心臓の筋肉を鍛えるためにやらなければいけないことは知っています。

 

その点、通勤となると自転車を漕がなければ仕事に行けません。さらに、仮にジムに行けなくても、毎日1時間のサイクリングをしていれば十分な運動になります。普段、運動不足だと感じている人は、こういった所で運動を取り入れることができますね。

 

プチ旅行気分が楽しめる

僕が長距離通勤を始めたばかりの時に1番楽しんでいたことが、プチ旅行気分が味わえることでした。朝早い出勤の際は仕事場近くの安宿に泊まるので、普通にプチ旅行ですね。都内だと終電を逃してネットカフェなどに泊まるのも楽しそうです。

 

毎日4時間以上も移動しているので、ボーと外の景色を眺めている時なんかはリラックスできて、旅行から帰ってきた時の感覚と似ているなと思いました。また、電車がなくなりバスで移動する時は違った感覚でそれも楽しかったです。

 

最初はそんなプチ旅行を心の底から楽しんでいたのですが、慣れてくると「普通に家に帰りたい」と思うようになり、楽しいよりも辛いの方が勝るようになってきたんです。

 

上記でも紹介しましたが、仕事場の近くに泊まることでコストがかかりますし、会員制のジムなどにも行けなくなります。その辺のデメリットが見えてくるようになると引っ越しのタイミングかも知れないですね。

 

長距離通勤が苦にならないタイプとは?

僕は半年(6カ月)以上4時間以上かけて長距離通勤をしましたが、それができた理由は上記で紹介したメリットの方が多かったからです。逆に言うと、半年を超えた辺りでデメリットの方が多くなり、引っ越しすることを決意しました

 

今はまだ大学生という身分なので、オーストラリアの高額な学費を払わなければいけない状態です。そうなると交通費が高いというのはかなりのデメリットでしたね。

 

さらに、ザ・日本人の性格をしている僕にとって「遅刻」をすることはこの上ないストレスだったんですよね。1日に4時間を通勤に使うことに関しては特に何とも思ってなかったですが、初めて遅刻を経験してから一気に長距離通勤を苦に感じるようになりました

 

それらを考慮すると、長距離通勤を苦に感じない・楽しめるタイプの人は以下になります。

  •  仕事とプライベートをしっかりと分けたい人
  • 家で勉強などができない人
  • 1人でリラックスする時間が欲しい人
  • 運動する習慣がない人

 

家族や恋人の関係で長距離通勤をする場合が多いかと思いますが、少しでもストレスに感じているようだと辛いだけになります。無理して長距離通勤をしても、普段の生活に支障が出て常にイライラしていたり、何事にもやる気が出なくなる可能性だってあります。

 

それが原因で恋人と喧嘩したり、友達との関係が悪くなっていては元も子もないので、そんな時は引っ越しや新しい仕事を探すことをおすすめします。

 

まとめ

いかがでしたか?

今回は、往復4時間の長距離通勤を半年以上経験した僕が思うメリットとデメリットを紹介しました。

 

長距離通勤は最初のうちは楽しいと感じるはずですが、徐々にデメリットの方が目立ってくるかなと思います。これから長距離通勤を考えている方は人生経験としてやってみるのもいいですが、少しでも辛いと感じたら転職か引っ越しを考えた方がいいです。

 

【合わせて読みたい!】

➡ 「継続力がない」は簡単に変わる!続かない人のダメな習慣と改善方法

➡ 【動物に優しくなりたい】1週間のベジタリアン生活で得たモノ

 

質問や感想等ございましたら下のコメント欄、もしくはツイッターまでお願いします。

コメントを残す Leave a comment

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。