コンテンツへスキップ

【シンプルに伝えるのが1番大事!?】コロンビア人に告白して惨敗したお話

こんにちは、Yutaroです。

 

いきなりですが、海外の男性・女性と付き合ってみたいと思ったことはありますか?

英語を勉強し始めた理由は「もっと色んな国の人と分かり合いたい」とキレイごとを言っている僕ですが、1番最初に英語の勉強をしたいと思った理由はブロンドのキレイな彼女が欲しいと思ったからです。

 

と言いつつも、僕のタイプは南米系のムチっとした女性で、コロンビアとかブラジルの女性が本当に大好きです。

こんなの👆

 

今回の記事はタイトルからも想像がつくと思いますが、「コロンビア人に告白して惨敗した話」をしたいと思います。この話はただ単に告白して振られただけでなく英語学習をしている方にも通じるものがあると思うので、恥ずかしい話ですがこの場で紹介させていただきます。

 

コロンビア人に一目惚れ

僕が23歳の時にオーストラリアにワーキングホリデー(ワーホリ)で行った時の話なのですが、英語が全然話せなかったので3か月間シドニーの語学学校に通っていました。その学校に自分のタイプ・ドストライクのすごいキレイなコロンビア人の女の子がいたんです。

 

一目惚れに近い感覚で、南米人特有の距離感の近さからすぐ好きになってしまいました。今は文化の違いなどをしっかり理解しているつもりですが、日本人からは考えられない距離感の近さで今でも勘違いしてしまうことは多いです。

 

クラスメイトなどとみんなで遊びに行った時も周りがはやし立てるくらい距離感が近く、恋人未満友達以上みたいな関係(だいぶ友達より)で本当に仲が良かったです。本当にタイプの子だったので「好き」だと思いを伝えたかったのですが、当時は英語を勉強し始めたばかりで英語で思いを伝えるなんて“I Love You”くらいしか知りませんでした。

いきなり「アイラブユー」なんて言わないだろうし、そもそも「アイラブユー」なんて恥ずかしくて言えない僕はどうやって思いを伝えればいいのか連日考えてましたね。

 

海外ドラマ『フレンズ』からロスのセリフを完コピして告白

グーグルで🔍英語 告白 フレーズなんて検索してた日が懐かしいです。

 

そんな時、ちょうど『フレンズ』を使った勉強法を始めたばかりの僕は、このシチュエーションにピッタリのシーンを見つけてしまうんです。下にそのシーンのクリップを貼っておきますので見てみて下さい。

 

上の動画ではロス(主人公の1人)がレイチェル(同じく主人公)に気持ちを伝え、デートに誘ってもいいか?と聞くシーンです。このビデオの0:50~1:30が、僕のシチュエーションと近いものを感じた僕はこのシーンを完コピしてコロンビアの子に伝えることにしました

 

そのセリフがこちらです。

You probably didn’t know this, but back in high school, I had a major crush on you. (0:50~0:57)

訳:たぶん、知らかったと思うけど高校の時、君の事がすごい好きだったんだよね

Listen, do you think it would be okay if I asked you out sometime, maybe? (1:12~1:30)

訳:もし、たまに僕が君をデートに誘ってもいいかな?

 

この時にちょうど『フレンズ』のシーズン1を観まくっていた時なので、本当にたまたまこのシーンを見つけて興奮したことを覚えてます。何度も観まくって、口ずさんでロスのセリフを完コピしました。これだけ練習したフレーズは他にないので、今でも一語一句しっかりと覚えていますね。

 

告白の時

そんなこんなで、告白の時です。

なかなか2人だけの時間を見つけられなかったので、ランチ休憩が終わったタイミングで告白することにしました。

 

ランチの後に話したいことがあると伝え、2人きりになった時に勇気をふり絞って言いました。

“Hi, you probably didn’t know, but I have a major crush on you. Do you think it would be okay if I asked you out sometime, maybe?”.

 

完璧でしたね。

一言一句間違えることなくそのまま完コピしました。

 

告白するまでは「人間は告白されたら嬉しいはずだからもし答えがNOでもいいや」と当たって砕けろくらいの気持ちでした。

 

思いを伝えたのはいいのですが、その子から謎の沈黙が...

実際には数秒間の沈黙でしたが、感覚的には1時間くらい待ってた気がします。

 

僕はYESかNOかの答えを待っていたのですが、その子の口から出たのは”I don’t know”でした。

I don’t know.

 

まさか、YESかNO以外の答えが来ると思ってなかった僕はパニックになりました。YESとNOに対する返しは英語で準備していたのですが、”I don’t know”に対する返しは準備していなかったので固まってしまいました。

 

当時の僕にこんな状況を乗り切れる英語力なんてなく、基本的に英会話は覚えた英語センテンスを使いまわしているだけだったのでアドリブが利かなかったんです。

 

結局、答えが見つからない僕は”I like you”と言い残し、その場から逃げ出してしまいました。その子とはそれ以降気まずくなってしまい、クラス替えもあったことから疎遠になってしまいました。

 

【まとめ】難しい表現はなるべく避けよう

今回の記事内容は短めに「僕の恥ずかしい告白失敗談」となりました。今回の記事で伝えたかったことは「僕の告白失敗した話」ではなく、僕の「英語表現の選択」です。

 

シドニーの語学学校では、僕もそのコロンビア人の子もお互いにElementary classという下から2番目のクラスで英語の勉強をしていました。

 

僕は『フレンズ』使った勉強法をずっとやっていたので、ロスのセリフを理解して使うことができました。ただ、その子には”I have a crush on you”や”Would it be okay if I asked you out?”の表現がちょっと難しすぎたかも知れません。

 

実際に僕も最初は”I have a crush on you”の意味を理解することができなかったです。ただ単にカッコつけたくてそのセリフを選んでしまった僕のミスですね。その子とはFacebookでしか繋がっていないので今さら確認することはしませんが、もし仮にもっとシンプルな表現を使っていたらどうなっていたのかなと思うことはたまにあります。

 

『フレンズ』から今でも色んなフレーズを覚えて日常生活の中で使っていますが、相手が理解できなければ何の意味もありません。難しい英語表現を覚えるのもいいですが、「相手のレベルを考慮することも大切なんだな」とこの経験から学びました。

 

大した話ではないですが、英語を勉強する観点からみると面白いかなと思いシェアすることにしました。

 

【著者が実際に経験した面白体験談はこちら】

 

質問や感想等ございましたら下のコメント欄、もしくはツイッターまでお願いします。

コメントを残す Leave a comment

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。