【結局別れる?帰国後に結婚!?】ワーホリの遠距離恋愛って実際どうなの?

ワーキングホリデー・海外留学

遠距離恋愛を超えてゴールインをしたカップルっているの?

彼氏がいるのに1年も離れ離れなんて考えられない!

こんにちは、Yutaroです。

ワーホリや語学留学などで海外に行く人は多くなりましたね。しかし、そうなると気になるのが「日本に残してきた彼氏・彼女」もしくは「海外に行ってしまった恋人」ではないでしょうか?

 

特に付き合いたてのカップルだと、恋人がワーホリでいない間に新しい恋人を見つけてないか不安な人も多いかと思います。

 

僕は、8年を超える海外経験から色んな遠距離恋愛中のカップルに出会ってきました。ワーホリだけでなく、フィリピン留学やバックパッカーで出会った人を含めると100人くらい遠距離恋愛中の人と出会ってきたと思います。

その中で別れてしまった人もいれば結婚に至ったケースもありますので、色んなケースをご紹介したいと思います!

スポンサーリンク

そもそもワーホリに来る人は自由人が多い

そもそもワーホリって何かご存じですか?

ワーホリとはワーキングホリデーの略で、文字通りワーキング(働きながら)ホリデー(休暇)を楽しむために作られた制度のことです。日本と協定を結んでいる国で決められた期間内であれば、休暇目的の滞在や就労が許されています。

 

ワーホリで人気の国はオーストラリアやカナダ、イギリスと英語圏の国が多いですが、台湾や韓国など英語圏以外の国も人気があります。

 

国によって違いはありますが、ほとんどの国で「18歳~30歳」といった年齢制限があるのが特徴です。若いうちにしかできない経験の1つなので、ワーホリに行く人は自由な人が多いです

大学卒業後、または働き盛りの20代~30代前半の大切な時間を使ってまで海外に遊びに行くんですよ!よっぽどな自由人でないと、1年以上もキャリアを捨てることはできないですよね。

 

僕のオーストラリアでの2年間のワーホリ経験は、一生の宝物と言えるくらい楽しかったですし充実していました。しかし、英語と海外での経験以外は日本で活かせるものは得られなかったと思います。

強いて言えば、国際色豊かな女性経験が豊富になったくらいですね。

ワーキングホリデーにルールなんてない!

簡単に説明しますが、ワーホリは基本的にルールがないので何でもできます。ワーホリに来る人の大体の目的は以下です。

  • 英語が話せるようになりたい
  • 海外生活の経験がしたい
  • お金を貯めたい
  • 外国人の恋人を作りたい
  • 転職前に気分転換がしたい
  • 息苦しい日本社会から解放されたい
  • 若いうちにしかできないことをやりたい

上記で挙げたようにワーホリに来る理由はさまざまですが、1つ共通していることがあります。それは、ワーホリに行くために「日本での生活を犠牲にしてワーホリをすることを決意した」ということです。

 

日本での仕事を辞めたり、恋人を残したまま長期間の留学やワーホリに来るって簡単に決断できることではありません。なので、ワーホリで出会う日本人って良い意味で変わっている人が多いんですよね。僕が今こうしてオーストラリアで大学生をやっているのも、そんな人たちに影響されたからなんです。

 

ワーホリに関する記事はこちらもどうぞ!

スポンサーリンク

ワーホリに来る人は浮気しやすい説

先ほども触れましたが、ワーホリに来る人は自由な人、もしくは自由を求めている人が多いです。

 

オーストラリアは、ストレス社会の日本とは真逆のストレスフリーな環境です。仕事で残業することもほとんどないですし、「二日酔いになったら休めばいいじゃん」くらいにしか考えてない人ばかりなんです。

 

僕もオーストラリアに来てから考え方が大きく変わった1人ですが、日本であまり遊んでなかった人でもオーストラリアで遊び人になることも珍しくありません

パーティー大好きなオーストラリア人やヨーロッパ系の友達と仲良くなり遊び人になる人もいれば、気の合う日本人同士で遊びまくり、色んな関係を持っちゃう人も少なくないんです。

 

同年代の今を生きてる友達と異国の地で会うって特別なんですよね。3週間しか一緒に過ごさなくても、高校3年間を共に過ごしたくらいの密度があるんです。

海外だと特にオープンになりやすいので、こういった周りの影響ももろに受けやすいんですよね。

 

そもそも、彼氏や彼女がいる状態でワーホリに来る時点で、別れること覚悟で来ている人も多いと思いませんか?

 

実際に、恋人と別れることが目的でワーホリに来たって人に会ったこともあります。

長く一緒にいると「別れたい」と言えない人も多いので、遠距離恋愛を利用して自然消滅を狙っている人もいるそうですよ。

90%以上の遠距離恋愛カップルはワーホリ中に別れる

長い海外生活の中で多くの遠距離恋愛カップルの片割れに出会ってきました。

しかし残念ながら、90%以上の確率でワーホリ中に破局していましたね。

 

これは自分自身でデータを取っただけなので、何の確証もないです。

しかし、ワーホリ中の遠距離恋愛は続かないのが現実です。僕も頻繁に住む場所を変えるので遠距離恋愛はたくさん経験がありますが、未だに独身です。遠距離恋愛にならなかったら、結婚していたかもしれない人は数人いました。

 

間近で遠距離恋愛カップルが終わる瞬間を見たこともあるので、いくつか例を紹介しますね。

【遠距離恋愛が続かなかった例:その1】ワーホリ中にイケメンオーストラリア人と付き合い始める

オーストラリアのレストランで一緒に働いていた日本人の女の子の話です。

当時21歳くらいだったと思いますが、常にニコニコしていて可愛らしい子でした。

 

彼女は日本に3年近く付き合っていた彼氏を残し、オーストラリアにワーホリに来ていました。僕と知り合った時は遠距離恋愛も半年以上が過ぎていましたが、彼氏とは毎日ラインで連絡を取っていたそうです。

本人も3年近く日本で付き合っていたことから結婚も考えていたそうで、両親と顔合わせまでしたそうですよ。ワーホリに彼氏も一緒に来るように説得したそうなのですが、彼氏は仕事が辞められなかったため、1年間だけ遠距離をすることを決めたそうです。

 

その子は仕事中によく彼氏の話をしていましたが、「半年以上の遠距離恋愛で気持ちが冷めてきちゃった」と何度も愚痴をこぼしていました。毎日ラインや電話をしたりと頑張っていたそうですが、長引かせても相手に悪いと思い電話越しに別れを告げたそうです。

 

電話越しでは別れることに納得した彼氏ですが、諦めきれなかった彼氏がその子の誕生日にわざわざ日本からオーストラリアへサプライズで来たそうなんです。

 

その彼女の誕生日の日に内緒でオーストラリアのシェアハウスまで花束を持って現れ、「まだ別れたくない」と気持ちを伝えた彼氏ですが、すでに気持ちが覚めていたその子はその場で2回目の別れを告げたそうです。

 

その子はとても愛嬌のある子で、同じレストランで働いていた長身でイケメンのオーストラリア人とその数週間後に付き合い始めてましたね。付き合ったのは別れた後だと思いますが、まだ日本人の彼氏と遠距離恋愛中の時もオーストラリア人の男性から猛アタックされていたので、別れの原因も新しい恋だと思います。

 

僕もそのオーストラリア人と仲が良かったので、「イケメンのオージー最高じゃん!」なんて言って2人の仲を取り持ってしまいましたね。みんなでクラブに行く計画を立てたりと、僕も楽しくてしょうがなかったです(笑)

ワーホリで遠距離恋愛が続かない理由の1つとして、「周りの声」も大きく影響することは言うまでもないでしょう…

 

ワーホリ後も2人の関係は続いていて、一緒に台湾旅行に行ったりしていました。しかし、オーストラリアと日本の遠距離はやはり難しく、長続きはしなかったそうです。

【遠距離恋愛が続かなかった例:その2】彼女に一途な20歳の青年、相手の気持ちが覚めて破局

僕がワーホリ中に出会った20歳の男の子の話です。日本に残してきた彼女とは17歳から付き合い始め、18歳になったタイミングで大学生としてオーストラリアに来て2年間の遠距離恋愛をしていたそうです。

なので、遠距離恋愛期間の方が遠距離じゃない期間より長い、珍しいパターンのやつです。

 

彼とはシドニーの同じシェアハウスに住んでいたので良く知っているのですが、彼は本当に彼女に一途でした。彼女とは「毎日の電話」「深夜0時ピッタリにおやすみの連絡」「その日に何を食べたかの報告」を1日も欠かさず行っていました。

 

さらに、他の女の子に気が移らなくするために「異性の友達は作らない」「クラブやバーには行かない」など全てが遠距離恋愛中の彼女中心の生活を送っていましたね。彼女のためにチェリーボーイを貫いていて、冗談で「今度の休みにあそこのお店で卒業しなよ」とか言うと割と本気にして怒るタイプでした(笑)

 

彼と知り合ってからもその関係が1年以上続いていたので、普通に凄いなと思っていました。

しかし彼女の仕事が忙しくなったことで向こうの気持ちが覚めてしまい、別れることになったそうです。あれだけ尽くしてた姿を見ていただけに、彼は遠距離恋愛を超えて結婚すると信じていました。

 

1人が頑張っても、もう1人の気持ちが離れてしまうと遠距離恋愛中だと余計に修復が難しいんですね。

スポンサーリンク

ワーホリでの遠距離恋愛を超えてゴールインした例

先ほどは90%以上の遠距離恋愛中のカップルがワーホリを期に別れると言いましたが、逆に言えば10%近くのカップルは遠距離の障害を乗り越えて来たということになります。

 

そんなレアなケースをいくつか紹介したいと思います!

フィリピン留学6か月・カナダワーホリ1年の遠距離恋愛を超えて結婚!

遠距離恋愛はやはり難しいのが現実ですが、そんな障害を越えて結婚した人たちも何人か知っています。

 

僕がセブ島に語学留学した時に、1週間遅れで入学してきた同い歳の女の子がいました。彼女には日本にだいぶ歳の離れた彼氏がいて、「6か月のセブ留学とカナダへ1年間のワーホリ期間中の遠距離恋愛が心配だ」と言ってたのを覚えてます。

 

その子はとても愛嬌のあるちょっとぽっちゃりした子で「絶対にカナダでワーホリ中に外国人の彼氏を作ってその彼氏とは別れるだろう」と僕は確信していましたが、日本に帰国後すぐにフェイスブックで婚約の発表がありビックリしました。

フィリピン留学後に直接カナダに行ったので1年半彼に全く合うこともなく、帰国後数週間で婚約するって凄いですよね?

 

結婚後にまた会う機会があり、旦那さんにもチラッとだけですが合うことができました。1年半の遠距離恋愛を超えて結婚、今でも幸せな家庭を築いていて純粋に凄いなと思います。残念ながら、つい先日その子が別の男性と結婚した報告をインスタグラムで知ったので、結婚生活は上手く行っていなかったようです。

【知らぬが仏!?】色んな男と遊びまくって、帰国後ゴールイン

上で紹介した女の子以外に、もう1人ワーホリから帰国後すぐに結婚した女の子がいます。

今は2人目の赤ちゃんまで産まれて、幸せそうな家庭を築いていていますね。ただ、彼女はオーストラリアでめちゃくちゃ遊びまくっていました。(このブログを見ないことを祈ります)

 

オーストラリアのワーホリ中に出会った子で、この子も小さくて愛嬌のある外国人にモテそうな子でした。いや、普通にモテモテでしたね。

 

当時お互いに24歳でしたが、彼女の英語力がずば抜けて高かったことを鮮明に覚えています。彼女が誰かと電話していた時に僕がオーストラリア人かと勘違いするくらい、日本人とは思えないレベルの高い英語を話していました。

 

遊びまくっていたと書きましたが、本人自身は男遊びが好きというわけではないと思います。

しかし、僕が知っている限りで3人の男性と関係がありました。彼女を知っている期間は4カ月弱なので、1年間のワーホリと考えるともっと多いと思います。

 

普段はニコニコしてて愛嬌がありつつもクールな印象がありましたが、少しでもお酒が入ると一気に雰囲気が変わり男たらしに変わる傾向がありましたね。ワーホリ中に同棲していた彼氏もいたし、僕の友達とも関係がありました。

 

実は、僕もお酒の勢いからその子と1夜を共にしてしまいましたが、次の週には違う日本人の男の子と付き合い始めていて「こんな女の子がいるのか」とビックリしたことは今では良い思い出です(笑)

 

「日本の彼氏」がオーストラリアに遊びに来ていた様子もフェイスブックで何度か上げていたので、その時 「オーストラリアで付き合っていた彼氏」はどんな感情で同棲までしていたのか不思議でたまりません。(ちなみに相手は全員日本人です)

 

もし、「日本の彼氏」がこのことを知っていたら確実に別れていたと思いますが、今は幸せな家庭を築いているので「知らぬが仏」とはよく言ったものだと思います。

ちなみに、この時この子と関係を持った僕の友達も、その当時遠距離恋愛していた彼女と帰国後にゴールインし、可愛い女の子が先日産まれたそうです。

スポンサーリンク

【まとめ】みんなやることやってる

ワーキングホリデーでは色んな出会いがありますし、誘惑はどこにでもあります。

ただでさえ遠距離で気持ちが離れやすいのに、気の合う同年代の男女が一緒に住んだり、密度の濃い時間を過ごしていたら何かが起きてしまうのは不思議なことではないです。

 

僕は何千人もの日本人にワーホリ、セブ留学、バックパッカーを通して海外で巡り合いました。その中で日本に恋人を置いて1人で海外に来ていた人も本当にたくさんいましたが、遠距離恋愛中に別れた人たちを多く見てきました。

 

また、日本に帰国後に結婚した人も、ワーホリ中は遊んでいる人が多かったですね。ただ単に日本にいる恋人が事実を知らないだけで、帰国後に結婚に至ったカップルは多いはずです。

 

結婚まで考えている恋人がいるのであれば、ワーキングホリデーに1人で行くことは諦めた方がいいと僕は思います。

 

しかし、逆にカップルでワーホリに来る人で、帰国後に結婚なんて話はよく聞きます。共に違う国で生活をすることでさらに愛を深め合うんですかね。ワーホリを検討中の方はパートナーの人に興味があるか聞いてみるのもいいかと思います。

 

質問や感想等ございましたら下のコメント欄、もしくはツイッターまでお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました